KDDIとNEC、Bubble Motionを利用して携帯音声ブログ「コエなう」を提供

次の記事

Twitter、脆弱性をパッチ―クールな新機能2つ追加

Sequoia Capitalの投資先スタートアップ、Bubble MotionTwitter的な音声ブログをインドで提供しているが、そのテクノロジーを日本に輸出することに成功した。同社はインドでかなりのユーザーを集めつつあるサービスを、今日(米国時間9/21)日本の携帯キャリヤKDDIに 提供すると発表した。新サービスは「コエなう」と命名されている。

Bubble MotionのBubbleBlogは携帯電話を通じた音声ブログを提供するプラットフォームだ。ユーザーはメッセージを自分の声で録音し、フォロワー向けに公開することができる。基本的にはTwitterと同様のモデルで、それを携帯電話上で音声化したものといえる。この‘bubbler’が携帯から音声メッセージを録音するとすべてのフォロワーにSMSでアラートが送られる。リンクをクリックすると音声メッセージを聞くことができる。インドではBubbleBlogに200万人以上のユーザーがいる。

日本のサービスでは映画スターやミュージシャン、お笑い芸人などのセレブが音声メッセージをファンに対して配信することを狙っている。3200万人のKDDI契約者の場合。短縮コードをダイヤルするだけでセレブの音声ブログの配信を受けることができる。KDDI以外のキャリヤの契約者でも受付用電話番号をダイヤルすればそうしたセレブをフォローできる(携帯からでも固定回線からでもよい)。

果たしてBubbleBlogが日本でもブレークするのか、大いに興味がもたれる。インドで成功しつつある理由の一部は、こちらではインターネットの普及度が比較的低く、携帯の方がポピュラーだからだ。しかし日本ではインターネットを利用したTwitterが急成長中だ。

カリフォルニア州マウンテンビューに本拠を置くBubble Motionは2003年の創立以来、合計$35M(3500万ドル)の資金調達に成功している。Bubble Motionではサービスをインドネシア、フィリピン、マレーシヤにも拡大する計画だ。

〔日本版注:NEC、KDDIが発表した「コエなう」β版についてのプレスリリース

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01

“KDDIとNEC、Bubble Motionを利用して携帯音声ブログ「コエなう」を提供” への3件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    このサービスが「コエなう」β版のプラットフォームなんだ。この事例は大きいと思うし、今後、他キャリアも良いサービスを取り入れて、裾野の広いサービス展開ができる環境が整うと良いですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中