Facebookはなぜ今, Android携帯を開発中なのか–iPhoneではトータルなソーシャル化が不可能だからだ

次の記事

世界の中小企業のIT支出は今年後半にかけて増加気味

【抄訳】

今朝本誌は、FacebookのCEO Mark Zuckerbergに対する非常に興味深い詳細インタビューを載せた(未訳)。話の中心は、Facebookのモバイル政策である。その会話の中で彼は、理想としてはFacebookは電話全体をソーシャルにしたい、と言った。ログイン情報の入力は一度だけ、どのアプリケーションもユーザの関心や、フレンドを知っている。プライバシーのことを除けば、それは非常に魅力的なアイデアだが、実現のためには大きな障害がある。Facebookがそのような、普遍的なアプリ間通信をサポートするためには、携帯電話のOSの深部にアクセスできなければならない。

しかし、Zuckerbergも言うように、”中へ入(はい)りにくい”iPhoneでは、Appleの協力がなければそれは難しい。協力が得られなければ、Facebookと携帯電話全体との、堅牢な一体化も不可能だ。

Mark Zuckerberg: 重要だけど中になかなか入れてくれないiPhoneのようなプラットホームに関しては、できるだけのことをやるしかない。Androidなら、もっとカスタマイズができる。いくつかの具体的なことのために、他社と協働することもできるだろう。しかし、そうは言っても、iPhoneと競合するような携帯電話の構築などを、目標にはしたくないね。

つまり、Facebookは自社独自の携帯OSを一から作ることはしない。時間と手間がかかりすぎる。となると、残るのは……Androidだ。

Googleのモバイルオペレーティングシステムはオープンソースだから、Facebookなどが心ゆくまでいじることができるし、UIを変えたり、新たにソーシャルな層を加えることだって可能だ。もちろん、電話機の基本機能は、そのままだ。Androidのコードをいじくると、GmailなどのGoogleのAndroidアプリケーションを乗せられなくなる可能性もあるが、あくまでもFacebook中心型の携帯電話を作る気なら、それも平気だろう。

【中略】

そして、火に油を注ぐように、まさにぼくがこの記事を書いているとき、Bloombergが発表した記事は、”Facebook Inc.は携帯電話機のメーカーINQ Mobile Ltd.と提携して2種類のスマートフォンを開発中である。そのキャリアはAT&Tとなり、オペレーティングシステムとしてはGoogleのAndroidが使われる予定である”、と報じている。

INQ Mobile + Facebook関連記事。(未訳)〕

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))