シャープ、Android版eブックリーダー「ガラパゴス」を発表―電子書籍配信サービスも(ビデオあり)

次の記事

[jp]買収されたSix Apartが話題に—先週の記事ランキング(9/20〜9/26)

少々時間はかかったものの、日本のシャープもeブックとタブレット分野に真剣に参入しようとしていることが判明した。同社は東京で 今日 (現地時間9月27日)、クラウドベースのeブックサービスと2種類のAndroidベースの専用タブレットについて発表を行った。双方ともガラパゴス(Galapagos)というおかしな名前が与えられている。

携帯用の小型版は5.5インチの液晶画面(1,024 × 600)を有し、ペーパーバック本の閲覧に最適化されている(製品の色は赤と黒)。ページスクロールのためにトラックボール用意されている。

ホームタイプの大型版にはトラックボールはなく(ページめくりはiPad方式)、10.8インチの液晶画面(1,366 × 800)は雑誌を見開きフォーマットで表示することができる。ちなみに、iPadの画面は9.7インチ液晶で、解像度は1,024×768だ。

どちらのガラパゴス・タブレットもWi-Fi(IEEE 802.11b/g)が内臓されている。ユーザーはウェブサイトやパソコンの文書を閲覧し、(アプリをインストールして)ゲームをプレイすることができる。またプレインストールされたソーシャルアプリを通じてコメントや推薦を他のユーザーと共有することができる。こうした機能があるため、シャープは自らのウェブサイト(日本語)でこのデバイスを単なるeブックリーダーではなく、「メディアタブレット」だと呼んでいる。

ガラパゴスのeブックストアは12月にサービスを開始する予定だ。シャープでは当初から新聞、雑誌、書籍合わせて3万点を提供できるとしている。

シャープではまだこれ以上の詳細を発表していない。価格、リリース予定日、海外での販売予定、Androidのバージョンなどすべて不明だ。来年100万台の販売を見込んでいるという。今後ニュースが入りしだいアップデートする。

下にシャープの公式プロモーション・ビデオをエンベッドしておく(日本語)。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01