IEの世界シェア、初めて50%を割る―Chrome、引き続き急成長中

次の記事

自転車共同利用システムSoBi作動中(独占ビデオ)

ウェブ統計会社のStatCounterによれば、MicrosoftのInternet Explorerが世界のウェブブラウザ市場で67%のシェアを握っていたのはわずか2年前のことだ。しかしIEはその後急速にシェアを失いつつある。

StatCounter社の最新のデータによれば、 2010年9月yはIEのシェアが初めて50%を割った月として記憶されることになりそうだ。もちろんこれはStatCounterが収集できた範囲での数字に過ぎないが、同社のデータベースは全世界の何百万ものサイトについて何十億ものユーザーの訪問を記録している。少なくともトレンドは明白だ。2年前、全ユーザーの3分の2がIEでウェブを閲覧していた。それが今は半分以下だ。

ではなぜIEは衰退を続けているのか? 一つの理由は、すでに5年前からIEは優れたブラウザではなくなっていたからだ。Microsoftはとうとうこの問題に対処すべくIE9を開発した。しかしIE9はまだ公式にはリリースされていない(ベータ版は公開中)。StatCounterの統計の内訳を見ると、IEが50%を割った理由はIE8の市場シェアが初めて減少に転じたからだとわかる。

IEのシェアが減少するにつれて、ライバルのFirefox、Chrome、Safariのシェアはいずれも上昇している。しかしFirefoxとSafariのシェアも時折急成長を見せた時点があったとはいえ、全体としての勝者がChromeであることは明白だ。Chromeブラウザのシェアは2年前にはわずか1%だったのが、先月には11.5%に増加している。ChromeはSafari(4.4)をはるかに抜き、Firefox(31.5)とIEに次ぐ3位を占めている。

嫌われもののIE6引き続き減少して7.4%となった。2年前にはIE6は30%近くを占めていた。

テクノロジーのトレンドに敏感なTechCrunchの読者の行動が参考になるなら、MicrosoftはIE9を最初からよほど優れた製品に仕上げる必要がある。そうでなければ災難に見舞われるだろう。TechCrunch訪問者のトラフィックでは、IEは現在第4位のブラウザだ。Firefox、Chrome、Safariすべてに抜かれている。そして驚くべきことだが、Chromeが近くトップの座を奪うはずだ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01

“IEの世界シェア、初めて50%を割る―Chrome、引き続き急成長中” への15件のフィードバック

  1. IE9には多機能さやよりも軽さ・早さ・UIのシンプルさを追求して欲しいですね。

  2. CSS3を気兼ねなく使えるようにして欲しい!

  3. rai より:

    どうか、IE6が1日でも早くなくなりますように・・・本当に、本当に、切実に・・・

  4. 匿名 より:

    いったん動き出した流れは止められないのよね。

  5. ほっぺ より:

    未だにIEじゃないと見れないサイトが結構あるのが不満。

  6. ほっぺ より:

    未だにIEじゃないと見れないサイトが結構あるのが不満。

  7. FT より:

    IE9はXP非対応だから、これから先もっと落ちそうだ。

  8. apollo440 より:

    自分は、4つの主要ブラウザを使っているけど、Chromeの使用頻度が一番低い。
    Opera > FireFox > IE9β > Chrome ね。
    Operaは縦タブレイアウトとモバイル端末とPC間のデータ同期、パスワード管理など通常利用では一番かな。
    FireFoxは手放せないアドオンが沢山あるし、Core i7で使ってれば速度は遅く感じない。
    IE9はβだけど、結構期待。Opera以上になれば、4つも使い回す必要なくなる。
    あと、Windows開発者ならMSDNとかでIE使わないと不安だしね(w。打倒Chrome感がプンプンして面白い。Chrome 使うなら IE9 に100%違和感ないと思うし、IE6系との互換性+先進性でChromeよりはよさげだと思う。
    #ChromeはほぼGoogleのサービス(GMailなど)専用。

  9. apollo440 より:

    自分は、4つの主要ブラウザを使っているけど、Chromeの使用頻度が一番低い。
    Opera > FireFox > IE9β > Chrome ね。
    Operaは縦タブレイアウトとモバイル端末とPC間のデータ同期、パスワード管理など通常利用では一番かな。
    FireFoxは手放せないアドオンが沢山あるし、Core i7で使ってれば速度は遅く感じない。
    IE9はβだけど、結構期待。Opera以上になれば、4つも使い回す必要なくなる。
    あと、Windows開発者ならMSDNとかでIE使わないと不安だしね(w。打倒Chrome感がプンプンして面白い。Chrome 使うなら IE9 に100%違和感ないと思うし、IE6系との互換性+先進性でChromeよりはよさげだと思う。
    #ChromeはほぼGoogleのサービス(GMailなど)専用。

  10. WinOPZ より:

    競争が高まっているのは悪いことではないと思います。IEの独占状態が終わろうとしているのた大変いいことだと思います。競争が高まれば各ブラウザの機能向上も活発化するのでブラウザ界の活性化になると僕は期待しています。

  11. […] IEの世界シェア、初めて50%を割る―Chrome、引き続き急成長中 […]

  12. Microsoftのシェアが減ってもGoogle依存度が高くなることにも何とも言えない不安感がある。

  13. safariもっとシェア伸びてると思ってたけど、そうでもないね、IE50%、FF30%、chrome15%で覚えておきます。僕は断然chrome派、たまにFF。

  14. […] 9月のはじめの、Chromeの2歳の誕生日に、そのことに気がついた。この2年でChromeは大きく躍進して、本誌への訪問に使われるブラウザとしては長年トップだったFirefoxに対し、3%差に迫っていた。進歩の著しいFirefox 4のベータがChromeのトップへの歩みをやや遅らせたかもしれないが、その勢いを抑えることはできなかった。さて、Chromeのトップの座はこのまま続くのだろうか? […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中