Toyota
google cars
google car

自律走行プリウス、Googleキャンパス内で目撃(ビデオあり)

次の記事

成功するスタートアップの13のビジネスモデル(第二部)

自律走行車をテストドライブしようとしても、2010年のこととて、人々は好奇心を抱いたら即座にビデオカメラやカメラ付き携帯を取り出して撮影を始める。Robert Scobleなど運転しながら撮影したぐらいだ。

そういう次第でわれわれは自律走行するGoogleのトヨタ・プリウス映像を掲載した(Scoble’sのビデオも)。

しかし、今年の3月にGoogleの本社キャンパス内で赤信号で停車したプリウスが目撃されていた(Van Tucker撮影)。このビデオは非常に鮮明で、屋根にマウントされたセンサーのクローズアップも含まれている。

自律走行車は、そう、10年後くらいには実用化されるのではないだろうか。私は興奮して期待している。その頃になったらGoogleが最初の自律走行車を路上でテストしていたのを2010年に目撃したというのは大いに自慢になるだろう。もちろん、このプロジェクトが成功するとは限らない。その場合は、Googleの数ある失敗プロジェクトの例をもう一つ見ただけということになる。

しかしマウンテンビューの理想主義者がイノベーションにかける熱意には敬意を表さざるをえない。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01