4人のバンドが地下鉄の中でコンサート, 楽器はiPhone

次の記事

大企業をFacebookやTwitterの上で踊らせて稼ぐSRMプラットホームのVitrue

Appleはマーケティングの天才だ、とよく言われる。好き嫌いはあるにせよ、同社の広告のうまさは否定できない。でも、ときには、Appleより一枚上手の連中がいるんだね。

バンドのAtomic Tomは昨日(米国時間10/14)、ニューヨークの地下鉄に乗ってて退屈したらしい。4人がそれぞれ自分のiPhoneを取り出して、乗客たちのために小さな即興コンサートを開始した。それは、なかなかすばらしかった。

いやもちろん、すべてが計画されたものだ。彼らは、地下鉄の中で楽器を盗まれたわけではない。iPhoneは小さなアンプとスピーカーに接続されていたし、誰かが最初からビデオを撮っていた、しかも、それはすぐにYouTubeに載った(バンドの公式アカウントで)。でも、結果良ければすべて良し、なにからなにまで上出来だった。ビデオの視聴数はまだ300そこそこだが、すぐに急上昇すると思う。YouTubeのページには、iTunes上の曲のリンクまである…ほんまにAppleを上回るマーケティングの天才かもしれない。

しかも彼らは、そのミニコンサートのとき地下鉄に乗っていた人の、コメントまで載せている:

“今日、地下鉄の中でAtomic Tomの演奏を見ました。最初は、地下鉄を爆発させるための爆弾を仕掛けているのか、と思いました。でも彼らはすぐに演奏を始め、私はすっかり、’I love New York!’という気分になってしまいました。バンドも大好きです。知らない人に、バンドの名前を尋ねました。”– Brittany Tucker

ぼくがAppleなら、このビデオを買ってテレビで流すね。明日にでも。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))