AdobeがHTML5ビデオ再生ウィジェットを発表、これは一大事かもしれない

次の記事

大人気‘Angry Birds’のリアルぬいぐるみ、開発の最終段階へ〔大きな画像あり〕

「私としては『対処』という言葉は使いたくない。HTML5については、他の分野でも同様だが、ユーザーが自らの表現のため何を必要とするかを見ていく。われわれはHTML5についてもすばらしいツールを作りつつある。HTML5について世界でベストのツールを提供する。」
— Adobe CTO Kevin Lynch、今年5月のWeb 2.0サミットにて。

Adobe。Flashプラグイン vs HTML5の<video>タグを巡る、Appleが引き起こした終りなき大河小説の主人公ともいえる同社が、HTML5への参入を今日(米国時間10/21)発表した。標準でFlashを塔載していない新型MacBook Airに、まさにぴったりのタイミングで。

そのFlash製品群に加えてAdobeは、Kaltura HTML5メディアライブラリを使ってHTML5ビデオを作成できるウィジェットを提供する。これは、HTML5をサポートしていないブラウザーではFlashで動作する。

Adobeブログより:

「HTML5タグをサポートするブラウザーが限られているために、ウェブデザイナーたちは、どのプラットホームでも、とのブラウザーでも動くソリューションを追い求めなければなりませんでした。

こうした課題を解決すべく、Adobeは簡単に使える、完全CSSカスタマイズ可能で、HTML5タグがサポートされていない時には、スムーズにFlashプレイヤーへと移行するソリューションを公開しました。この移行は、電話機でもモニターでもテレビでも、画面の種類によらず起こります。」

ウィジェットはAdobeの開発ツールDreamweaver経由でも、別途でも入手可能で、Adobe AirがインストールされていればAdobeウィジェットブラウザー経由で、そうでなければDreamweaverの「ウェジェットのカスタマイズ」機能を通じて、二通りの利用方法がある。

この最新製品によってAdobeは、塀の両側をまたごうという壮大な企てと共に、Appleで現在進行中のアンチFlash行動を踏まえ、将来のウェブビデオとメディアのサポートを確実にしようという試みを実行しているようだ。

画像提供:Randy Humphries

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)