iPadとMacBookを繋ぐAppleのセクシーな戦略

次の記事

Twitter、この2ヶ月で3000万の新規利用者を獲得

2週間前の「Back to the Mac」イベントで、Steve JobsがMacBook Airを披露する際に発したコメントが、特に気が利いていて聴衆の笑いを誘った。

「私たちは自問しました。もしMacBookとiPadが繋がったら何が起きるかと。そう、これがその結果です。これが未来のノートブックだと私たちは考えています。」

Appleが製品発表で使う言葉には、必ず戦略的な意図があるが、Steve Jobsが言う時は、特にそうだ。これは、Appleが自社製品の与える印象を特別気にかけているからだ。Airが未来であると装い、またMacBook ProとiPadそれぞれの極みを融合させることによって、Appleはさまざまな信号を発している。「MacBookとiPadを『繋ぐ(hooking up)」と言う中で、この「繋ぐ」というフレーズが、将来のさまざまなレベルでの深い融合を予言していることに疑いはない。

iOSとOS Xは繋がらない

iPadとMacBook製品ラインの融合を思い浮かべる時、よく言われるのが、統合されたオペレーティングシステムが取って代わるのではないかということ。タッチと「マウス」のメタフォー両方の長所をどうにかして一体化したものだ。

これは非現実的でありバカバカしい。iOSはOS Xの遠い親戚ではある ― APIもレイヤーも異なるが、どちらもUNIXをベースにしている ― しかし、両者を合わせることはエンドユーザーの観点から意味をなさない。iOSとOS Xは、異なる利用場面、異なるアプリケーション、異なる市場を対象としていて、MacBookでのタッチメタファーは、大半の場面でまともにユーザーをもてなすことができない。また、ブラウザーで複数のタブを開き、8つのアプリケーションをマルチタスクで動かすためには、これまでiOSが提供してきたよりも、ずっと没入型の体験が必要になる。

しかし、MacBookとiPadの操作体験が根本的に異なるにもかかわらず、Jobsは、Airの瞬時起動や充電なしで30日間動作するなどの特徴を強く前面に押し出すことで、マーケティングレベルでの二つの製品の見え方を、確実に深く融合してみせた。

ハードウェアが急速に交わってきた理由

Steve Jobsがわれわれに、MacBook AirをiPadの延長と思わせたい理由の一つは、舞台裏ではハードウェアの融合が起きているからだ。MacBook Airのペンチマークが、最もそれを明確に示している。Appleは、Intelの3年前のCPU技術であるCore 2 Duoプロセッサーをのろまなスピードで動かしているにもかかわらず、MacBook Airのシステム性能を2倍にすることに成功した。

これは難解ではあるが驚きではない ― Airは回転するディスクの代わりにフラッシュメモリを使っており、SSD技術によってI/O(入出力)に制約されるアプリケーションのデータ転送ボトルネックを劇的に短縮した。しかも、なんと。殆どの単純なコンピューター作業はメモリとI/Oに制約されている。この事実によって、フラッシュベースのAirに、Appleの最上位製品であるMacBook Proシリーズと対等の動作を可能にしている。ただし、ビデオのレンダリングのようにCPU負荷の高い場面は別である。

つまり、まとめると、Appleは数年前の技術を使っていて、Airのシステム性能は飛躍的に向上した。これはまさしく、ある閾値を越えると、こんにちユーザーが気にかけることの90%に関して、CPUの進歩から得られる恩恵はごくわずかしかないことの、驚くべき証拠にほかならない。

代わりに、性能はかつてないほどグラフィック処理に依存している。これが、AppleがLion OSの焦点をOpenCLに強く集中させた理由である。OpenCLはGPU内での並行処理機構を、グラフィック以外のタスクにも活用する。そして、AppleがIntelの最新CPUラインを採用しなかった重大な理由は、OpenCLのサポートがなかったためであり、おそらくAppleはiLife 11などの新アプリケーションでOpenCLのパワーを活用するものと思われる。

Appleの最もセクシーな新ノートブックが、Intelの最新テクノロジーを採用しなかったという事実は、Intelにとって痛恨であると共に、PCにおける革新が、モバイルエコシステムで起きている出来事によって一掃されつつあることを示すこのうえない証しである。今のところベンチマークによると、スマートフォンのARMベースCPUの速度は、AppleがMacBook Airで使っているCore 2 Duoの約25%でしかない。しかし、この差は急速に縮まる。

2~3年のうちに、統合化チップセットが食物連鎖の上位へと登り、ノートパソコンクラスのフォームファクターに収まる可能性がある。ARM-15をベースとしたマルチコアARMソリューションが、ムーアの法則約2サイクルの間にこれを現実にするだろう。

懐疑的な連中はこう言うだろう、「そんなことにはならない、絶対に、Flashが必要だから」。Flashがおそらくデスクトップに残るであろうことには私も同意する。しかし、あのAdobeのFlash改善に対するあらゆる圧力は、ごくゆっくりとではあるが、ハードウェアによるレンダリングや合成の方法改善についてである。そして、今年春の最も陰惨な戦いの真最中でさえ、AppleとAdobeはFlash高速化をデスクトップMacで動作させるために協力していた。将来、AppleがMac Book Airに埋め込み型SoC(システムオンチップ)を使う際、それを阻止する唯一のボトルネックがFlashであることも考えられる。しかし、ハードウェアによるFlash高速化が実現すれば、このジレンマは解決する。

水面下のこの急速な進展のいずれもが、MacBook AirとiPadの将来に、非常に大きな影響を及ぼす。MacBook Airが、重さ数ポンドで、OS Xが走り、30時間使えて、キーボードが取り外し可能で、画面を取り外すとiOSの動くiPadに変わる、ようになったら欲しいという人はいないだろうか。

私は、Appleがこのデバイスを作るだろうとは言っていないし、そもそもフリーサイズ的なフォームファクターの追究は、あの会社の最大関心事ではない。しかし、否定できないのは、ハードウェアが融合しつつあることで、Appleの最新イベントでの「Back to the Mac」というテーマが、これを奥深くものがたっている。

Mac Storeの驚異的ネットワーク効果

MacBookとiPad融合パズルの残るピースは、アプリケーション関するすべて ― エンドユーザーによる発見とそこへの配布、そしてデベロッパーサポートの両方だ。iOS店頭は、iPhoneを支える精霊であり、コンテンツのための低摩擦配信問屋になりつつある。

ほぼ同じやり方で、Mac StoreはAppleの包括戦略であり、ロングテールコンテンツのデベロッパーがMacに軟着陸するのを手助けする。すでにiOS上でアプリを作っているデベロッパーたちのことだ。

面白いのは、Mac StoreによってAppleは、MicrosoftがWindows Phone 7でやっていることと正反対の行動が可能になることだ。Microsoftが、.NETとの親密性をてこに、デスクトップのデベロッパーコミュニティーにWM7アプリの開発を推進しているのに対して、AppleはそのiOS人気を武器に、Macデベロッパーによる活力あるエコシステムに弾みをつけようとしている。

しかし、このネットワーク効果がAppleにもたらすもっと魔法のようなものがある。デベロッパーにAppleのツール群、具体的にはXcodeおよびLLVMを使うよう指定することによって、Appleはこのハードウェア融合の展開に関わる制御レイヤーを手にすることができる。

どうやって? Appleはデベロッパーに対して、スイッチを切り替えて再コンパイルし、ユニバーサル版アプリをMac App Storeにアップロードさせるだけで、ARMとx86どちらでも動作する。こうすることでAppleは、ハードウェアをシームレスに移行するためのコードをホストしインストールする配信メカニズムを整備することができる。

これは合理化された配信システムの究極といえる。なぜならデベロッパーはCocoa TouchとObjective-Cを中心とし、一連のUI/UX(ユーザーインターフェース/ユーザー体験)の制約を課せられた統一環境ひとつだけに集中できるからだ。その上でAppleは、このすべてを、ユーザーに対して抽象化しハードウェア無依存にする。

Appleは統制を嫌い、選択性を好む

これはまだ明確ではないかもしれないが、Appleはプロセッサーおよびコンポーネントに依存しない舞台を整えようとしている。これは、Appleに上で述べたアーキテクチャー中立性だけでなく、驚くべき価格決定力を与え、安定した部品供給が確実になる。これは、彼らがサプライチェーンのさらに大きなパイを確保する上で不可欠な挑戦である。

AppleはA4の改良型を自社で作ることもできるし、多くのベンダーのどこかと提携してもよい。もしIntelが再び革新を起こすなら、Appleにとってはそれが楽な選択になる。もしnVidiaが、そのグラフィックの血統によってGPUとARMベースCPUの統合で勝者になれば、Appleは提携をさらに強固にするか会社を買えばよい。あるいは、Appleはx86を堅持し、GPU/CPU技術はAMDを使うことに決めるかもしれない。

すべては選択性の問題だ。そしてAppleはそれを、会社の長期戦略の中に組み入れている。急速に拡大するモバイルハードウェア/ソフトウェアでの足跡と、iOSデベロッパーのマインドシェアとを組み合わせることによって、Macフランチャイズをさらに高いギアで展開させる。

繋がるってすばらしい ― 次のデートはいつ?

これはかなり明快だと私は確信している:Appleは、忠実なiOSファンをMacフランチャイズに引きつけるためのボトムアップ戦略として、驚くほどバッテリー消費の少ないMacBook AirライクなフォームファクターでOS Xを動作させたがっている。なにしろ、世界にはiOSユーザーが1億5000万人いる。Appleは、iOSが消費者と企業ユーザーの両方を、ハイエンドMac製品に呼び込むための秘密兵器であることを知っている。そして、Back to the Macイベントにまつわるマーケティングは、この2つの世界を交わらせようとしているAppleの、隠された戦略の予兆にすぎないのかもしれない。

水面下でSteve Jobsは、Appleがこれらの製品ラインをひとつに統合するために必要なピースを揃え始めている。しかし、Appleにとっては選択性がすべてだ。いつ、どうやってそこへ到達するかは、彼らに任されている。そして、私の予想。Steve Jobsは、Apple体験を、あなた、つまりAppleに忠誠を尽くす顧客にとってより優れたものになるよう作り続ける方法をとるだろう。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

“iPadとMacBookを繋ぐAppleのセクシーな戦略” への7件のフィードバック

  1. これだけで全容が分かる、アップル「Back to the Mac.」イベントまとめ…

    テーマ「Back to the Mac」はすなわち、『iOSデバイスから学んだことを Macに還元する こと』。大いなるスパイラルとエコシステム。…

  2. 匿名 より:

    Appleの最もセクスィーな新ノートブック iOSとMacOSを繋ぐ

  3. […] iPadとMacBookを繋ぐAppleのセクシーな戦略 […]

  4. 匿名 より:

    最後の一文が全てを物語っている。
    自分もその一員に組み込まれてしまっている。

  5. 匿名 より:

    最後の一文が全てを物語っている。
    自分もその一員に組み込まれてしまっている。

  6. […] Published iPadとMacBookを繋ぐAppleのセクシーな戦略. […]

  7. グタアリ より:

    macbookのタッチメタファはユーザをもてなさないかも知れないが、iosデヴァイスにキーボードという使い方は既にある。逆にiMacにキーボードが必要なのか?とも感じるんだが・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在368人フォロワーがいます。