Flash%E3%83%87%E3%83%99%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%91%E3%82%88%2C%20%E3%81%8D%E3%81%BF%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AB%E6%98%8E%E6%97%A5%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%84

Flashデベロッパよ, きみたちに明日はない

自分の好きな製品をけなされて、いちばん激しく反論するのはAndroidのファンボーイたちだと信じていたが、そうではなかったようだ。Flashのファンボーイはもっとひどい。それは、彼らがFlashをけなされるとめちゃめちゃ怒り狂うからだけではなく、Androidのファンと違って将来性のない技術に固執するからだ。Androidはとりあえず技術的にはなかなか良いし、未来は明るい。しかし、Flashは???。

AdobeのCTOがFlashについてバラ色の未来を述べるのは、それが彼の仕事だからしょうがない。でもわれわれは、仕事の目ではなく人間の目でものを見る。Flashはわれわれの日常のコンピューティングに痛みを与えている、深く刺さった大きな棘(とげ)だ。ブラウザを頻繁にクラッシュさせるだけでなく、コンピュータ本体を脳性麻痺にしてしまう。もっと最悪の場合もある。バッテリーの寿命を大幅に縮め、大きなセキュリティホールをあちこちに開ける。

最近のニュースを見てみよう。昨日(米国時間11/10)Appleは、OS Xの最新バージョン10.6.5をリリースした。アップデートの大半は、セキュリティ関連だ。そして、それらのなんと42%が、Flash関連のセキュリティパッチだ。Appleが今後、OS XからFlashを追ん出しても、誰も驚かないよね。

一方、Flashは今では、GoogleのChromeブラウザに埋め込まれている。Choromeのアップデート記事やバグ報告をいろんなところで読むと、それらの相当数がFlash関連だ。

そのほかの製品では、Flashはどうだろう? FlashはSamsungの新製品Galaxy Tabの目玉機能の一つだ。そうだよな? いや、違うね。このタブレット機をべた褒めしている記事でさえ、Flashのサポートは酷評している。

そしてスマートフォンの世界では、AdobeはたぶんAndroid 2.3に間に合わせようとしてFlashのアップデートをリリースした。パフォーマンスの問題は、一つでも解決しただろうか。解決していない。今実際に使ってみているところだが、動画の再生は非常に不安定だ。

Kevin Lynch(Adobe CTO)が、ニューバージョンのFlashについておいしいことをいっぱい言っているが、それを聞けばみんなの眉が唾でぐしょぐしょになるだろう。Flashのモバイル対応を彼らが約束したのは、何年前だろう? 5年前か? いまだに、まともに使える状態ではない。おっと、デスクトップですら、ね。

結局、Flashさえまともなら、Adobeには何の心配事もない。Apple一社がどれだけネガティブでも、全然気にする必要はない。世の中は、Adobeにとって安泰だ。でも、しかし今は、その’世の中’が変わり始めている。そして死にたくないAdobeは、悪あがきを始めている

でも、あちこちで聞かれるFlashの悪評は、どれもきっと間違ってるのだ。Flashは偉大である。人びとは、賞賛の叫び声をあげている。その’人びと’は、よく見ると全員Flashデベロッパだが、それはたまたまそうだったにすぎない。な?

[画像出典 stock.ly]

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Ichiro Mizoguchi
なんとなくですが、「一度使ったら手放せない」ってなりそうです。ちょっと怖いなぁ ^^;
デラペニャ
サイヤ人は怒りや悲しみが極限に達するとスーパサイヤ人になるそうです。スーパサイヤ人になると外観にも変…
U-YA
Windows Phoneは使いやすいんだけどアプリが絶望的に少ない。
GeekThem
>>>>> surface pro 3 docking…
もるまかて
サンドペーパーにダイヤが入っていたら、傷はつくよな。