openjdk
Apple

AppleがOpenJDKに参加してMac OS XのJavaをオープンソース化

次の記事

Yahooの無残な没落がインフォグラフィックになった

Appleの今日(米国時間11/12)の発表によれば、同社はOracleのOpenJDKプロジェクトに参加して、Mac OS XのJavaテクノロジをオープンソース化する。OpenJDKは、Javaプログラミング言語の無料でオープンソースな実装だ。

その発表声明には、Appleは“Java SE 7のMac OS X上の実装に必要な主要部位、ツール、およびテクノロジをプロジェクトに提供する。それには32ビットと64ビットのHotSpot対応Java仮想マシン、クラスライブラリ、ネットワーキングスタック、新たなグラフィカルクライアントのための基盤技術、などが含まれる”とある。OpenJDKによりAppleのJavaテクノロジは、デベロッパに対しオープンソースで提供される。

なお、Appleによれば、Java SE 6はMac OS X Snow Leopardと、この次のMac OS X Lionの両方で今後も使用できる。Java SE 7以降のバージョンのMac OS X用のJavaは、Oracleから提供される。

IBMは1か月前にOpenJDKに参加した。Appleは、そのIBMと歩調を合わせることになる。

Appleのソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長Bertrand Serletは、声明文の中で次のように述べている:

“Oracleと協力してMac用の優れたJava実装系を今後も確実に提供できることを、嬉しく思う。ユーザがつねに最新のもっともセキュアなバージョンのJavaを入手できるための最良の方法は、それをOracleから直接入手することである。”

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

“AppleがOpenJDKに参加してMac OS XのJavaをオープンソース化” への2件のフィードバック

  1. 神原淳史 より:

    Javaに追い風だ

  2. 神原淳史 より:

    Javaに追い風だ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中