web 2.0 summit

インターネット業界人が答えを知っている必要がある10の質問〔スライド掲載〕

次の記事

忘れられない一日:「ビートルズがiTunesにやって来た」

投資銀行のMorgan Stanleyのアナリスト、Mary Meekerは今日(米国時間11/16)、Web 2.0 Summitでインターネットの世界的トレンドについて講演した。そのプレンゼンテーションスライドを入手できたので、ここにその「インターネット業界人が答えを知っている必要がある10の質問」を掲載し、概要を紹介しよう。

Meekerの10の質問は以下のとおりだ〔それぞれスライドの次のページに答えがある〕。

1. グローバルなトレンド — どの国、のどのプレイヤーが業績を上げているか? アメリカより優れた(あるいは少なくとも、異なる)アプローチを取っているのは誰か?

2. モバイル — 他のどの「ニュービジネス」より急成長中―あなたのビジネスは波に乗っているのか、乗り遅れているのか?

3. ソーシャル・エコシステム— どの陣営に入るか? Apple、Google、それとも…Facebook? あなたの会社はソーシャル化でどんな影響を受けるのか?

4. 広告 – 大規模なイノベーションが始まる―どうやって利益を得るか?

5. 通販 — サービスは迅速、簡単、かつ面白くなければならない。すべてはゲーム化する?

6. メディア — オンデマンド・ビデオの異例に急速な普及は、ビジネスに何を意味するか?

7. インターネット企業の盛衰 — わずかこの6年での変化は衝撃的。次の4年に備えるためには何をすればよい?

8. Steve Jobs — 彼の驚異の成功の秘密は? あなたの会社の秘密は?

9. 容赦ない変化 – IT分野で次に起きるのは何か? 一般ユーザー、既存プレイヤー、新興プレイヤーは何を求めるか?

10. まとめ – 従来、大企業は広汎かつ急速な変化に対応できない傾向があった。これからもそれは変わらないのか? 

Meekerは講演の冒頭で「2011の注目すべきモバイル市場はアメリカ、日本、インドネシア、中国、ブラジルだ」と指摘した。

オンライン広告市場に関しては「インターネットはわれわれのメディアへの接触時間の28%を占めているにもかかわらず、全広告費のうち13%しかこの市場に流れこんでいない」と述べ、オンライン広告にはあと500億ドル(!)の成長の余地があると強気の見通しを示した。

Meekerによれば、現在ITにおいてiPad、iPhone、Facebookに代表されるような極めて高いレベルの革新が続いている。(MeekerはSteve
Jobsだけのためにスライドを1枚用意し、Larry Ellisonの“彼はエンジニアの頭脳と芸術家の心を持っているという評を引用している)。

全体として、Apple、Google、Amazon.を始め、インターネット企業の第3四半期の業績は好調で、第4四半期も引き続き成長が続くという見通しだ。

〔日本版注:スライドはリンクをクリックしてScribdで開きFull Screen表示にすると読みやすい。参考になるデータ多数〕

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01