[jp]日常生活のハウツーを教えてくれるnanapiが3.3億円を調達

次の記事

セレンディピティーの神話

日常生活のハウツーを共有するnanapiを運営するロケットスタートが、グロービス・キャピタル・パートナーズから増資により3.3億円を調達した(増資額以外の詳細は不明)。

今回の資金調達の目的は、登録ライターにインセンティブを支払う仕組みnanapiワークスでのインセンティブ料がキャッシュアウトしないためにということもあるが、それ以外にも、どんな記事にコンテンツの価値があるのかというのをシステムで分析できるような仕組みの構築や広告の配信システムにあると代表取締役社長の古川健介氏が語ってくれた。収益モデルはいまのところ広告しかないが、今後はそれ以外の方法も考えていきたいとしている。

現在のところnanapiはPCとモバイルをあわせて1000万弱のページビューがあり、記事総数が1万件あるが、この増資によって2011年末に月間ページビューを1億、記事総数15万本を目指すという。

最近はソーシャルアプリやフラッシュマーケティングの分野でのスタートアップの億円単位の資金調達が目についたが、メディア運営での資金調達は珍しい。モデルケースとなるべく次の成長に期待したい。

なおグロービス・キャピタル・パートナーズは最近ではメディア領域では美人時計に2億790万円の出資をしている。