心理的価値―iPadがGalaxy Tabより愛される理由

次の記事

iPad用ビジュアルRSSリーダーのPulse、最新版でFacebookにも対応

昔、デカルトは「私は考える。故にiPadを買う」言ったとか言わなかったとか。理性的な分析をいくらしてみてところで、けっきょく最後に残って人を動かすのは対象に対する心理的評価だ。たとえば私はマクドナルドの「マックリブ」が好きで、期間限定メニューとして登場すると貴重な食べ物と認識して買ってしまうのだが、本当は体に毒なんじゃないかと思う。

投資銀行Pipar Jafferyの有名なアナリストGene Munsterはちょっとした消費者テストをしてみた。65人の消費者にiPadとGalaxy Tabを見せて、それぞれが「いくらくらいすると思うか?」「どちらが好きか?」と尋ねてみた。その結果はなかなか面白い。

まず、回答者は圧倒的にiPadを好んだ。回答によればiPadの平均評価額は$417(実際には$629)だったが、Gal Tabは$283(実際には$599)だった。回答者はiPadは「高そうに感じた」がGal Tabは「安っぽく感じた」わけだ。ところが実際には両者の市場価格はほとんど変わらない。

消費者向けエレクトロクニクスメーカーはこうした消費者の反応に長年苦しめられてきた。高価で高級そうに見えることを意図された製品、たとえばDellAdamoなどは、他ならぬAppleから発売されなければその効果を発揮しない。そこでノートパソコンやガジェットのメーカーは2つの戦略のどちらかを選択しなければならない。一つは製品の周りに何か興奮させる要素を積み重ねていく(たとえばDroid)やり方で、もう一方は利益が出るギリギリまで価格を下げることだ(BestBuyに並んでいる$400のネットブックなど)。

極くまれに前者の戦略が成功することがあるが、長続きしない。これが大々的に成功したのは、Motorola RAZRが最後の例だろう。Motorolaは有頂天になったあまり社運をこの製品にかけて―もう少しで倒産するところだった。それならAppleがこれほど長く成功を続けている理由は何だろう? デザインの優秀さはもちろんだが、Appleが広告とメディアへの露出を通じて消費者の心に植えつけた「ハーロー(後光)効果」も無視できない。バーゲン広告を見てもMacBookは載っていない―バーゲンをしないからだ。Appleの制作する広告の言うところでは、「この製品は$Xである。他の製品とは全く違う。だから感謝祭のバーゲンで5割引きになったりはしない」というわけだ。Appleも時折バーゲンをしないでもないが、そのサイズは顕微鏡とピンセットが必要なくらい小さい。

Gal Tabはなかなか良い製品だが、Appleの持つ後光効果はない。Appleの戦略を首尾よく真似ることができた消費者向けエレクトロクニクス・メーカーは巨大な成功を収めることができるはずだ。

via Fortune

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01

“心理的価値―iPadがGalaxy Tabより愛される理由” への1件のコメント

  1. imo より:

    Galaxy Tabがけなされて悔しいのかもしれないが、iPadが支持される理由として
    デザイン、広告、後光効果?しか分析できないとは・・・。
    しかも後光効果?を強調すると。
    Appleが絡むと急に記事の質が下がる気がする。
    Crunchは大企業の傘下に入ったはずだが、これが編集方針なのか?
    トピック自体は面白いのに残念。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在402人フォロワーがいます。