最終確認: GoogleのGroupon買収は消えた

次の記事

YouTubeの私設警察がまたまた罪のない犠牲者のビデオを削除した

噂が盛り上がったGoogleによるGrouponの買収は、消えた。本誌は、この案件に近い筋からの情報により、破談を確認した。このニュースはChicago Breaking Business(CBB)が最初に報じ、本誌はそれが真実であることを確認した。

両者は少なくとも過去一週間、真剣に交渉を重ねていた。Googleがこの大人気の地域特売/お買い得サイトに60億ドルの買値を提示した、という報道も登場した。

本誌の情報筋は、Grouponの現在の年商が20億ドルであることも確認した。それは、これまで噂されていた額よりも相当大きい(数分前にAllThingsDもこの数字を報じた)。この20億ドルは、Grouponsが売った額の総額かもしれない…もしそうだったら、その半分はお店側へ行く。

CBBの記事は、GrouponがIPOをねらっているかもしれない、と書いている。でも、株式公開に関する決定は来年になってからだろう。

もっと情報が入り次第、この記事を更新しよう。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))