harris interactive
Adweek Media

調査報告:インターネット広告は63%の人に無視されている

次の記事

開発者への提言:アプリケーションを作るのではなく、ビジネスを産み出そう

プログラムを使って広告を排除していない人であっても、結局のところ63%の人が広告など見ていないという調査結果が発表された。また、テレビ、ラジオ、そして新聞広告と比べたとき、インターネット広告が最も無視されやすいという結果も出ているらしい。

調査を行ったのはAdweek Media/Harris Interactiveで、対象としたのは成人のアメリカ人2,100名だ。回答者の10人に6人以上が、インターネット広告はほとんど無視していると回答している。どういうタイプの広告をとくに無視しているのかという問いに対しては、5人に2人(43%)がバナー広告をみないと回答し、5人に1人(20%)が検索エンジン広告を見ていないと回答している。

(一方でアメリカ国内の広告売上は史上最高を記録している)

他メディアとの間で広告無視率を比較してみると、テレビが14%、ラジオが7%、そして新聞広告が6%ということになっている。

もちろんそうしたメディアで広告を無視するのはインターネット広告を無視するよりも若干難しいという側面もある。ただここではそうした話には深入りしないことにする。

結局のところ、掲載されている広告をきちんと見ていると回答したアメリカ人は9%に過ぎない。

調査によれば、年齢ごとには傾向に差異が見られたものの、性別間にはほとんど差がなかったとのことだ。

テレビ広告を無視していると回答した人には年配者が多い。55歳以上のひとの中で5人に1人(20%)がテレビ広告を見ていないと回答している。これは45-54歳では14%となり、35-44歳では13%、そして18-34歳では9%に低下する。

私の知る限り、この調査ではメディア消費性向についてはとくに意識されていないようだ。すなわち若い世代では年配世代に比べてテレビ自体を見ない傾向があるものと思われる。年代ごとの差はこうした消費傾向によって説明できるものと思われる。つまり、テレビを観ることもないのだから、テレビ広告を無視するというようなこともないというわけだ。

但し、Adweek Media / Harris Interactiveの調査によれば、若年世代は旧世代と比べてラジオ広告については無視する傾向が高いとも報告している。55歳以上での無視率が6%なのに対して18-34歳では11%となっている。

尚、インターネットバナー広告については全世代で5人に2人以上が無視すると回答しているが、中でも35-44歳の層で無視率が高くなっている。調査によるとほぼ半数(47%)がバナー広告を無視しているとのことだ。他の年代層では、この数字は42%から43%となっている。

この調査から得られる結論は何か。実のところ、さほど新しい知見はないのではないかと思われる。いずれの回答も従前からの想定の範囲内といったところだからだ。子どもたちがとくにネットの悪習に染まっているというわけでもない。

インターネットというのは誕生以来、メディアとしての特性をみにつけて大きな変化を被ってきている。ウェブはこれからも変化し、さまざまに形を変えていくものだろう。そしてデジタル広告もまた、いろいろと形を変えていくことになるに違いない。

今後も広告を無視する人が増え続けるということを言っているわけではない。ただ、広告もどんどん変化していくものだということを言っているのだ。

ところで、メディアが融合しつつある現在、私たちが接触するメディアについて従来のように「テレビ」「ラジオ」および「インターネット」などという区別を設けることにも意味はなくなりつつある。各種メディア間における区別は消え去りつつある。

ウェブ広告については、広告出稿を行うブランドやパブリッシャー側に、よりクリエイティブに力を入れてターゲティングをうまく行ってくれるよう期待しておきたい。コンテンツ閲覧の前にウェルカムスクリーンを表示するなど、閲覧の邪魔をするような馬鹿げた方法に進まないことを強く望む。

マーケッターのHugh MacLeodも記事を書いているが、メディア側に次のことを忘れないでいてもらいたい:

原文へ

(翻訳:Maeda, H)