nakamap
kayac

[jp]Latitudeにチャット機能がついたらこうなる? カヤックが位置情報を使った「ナカマップ」を開始

次の記事

LinkedInが2010年に濫用された売り込み言葉のトップテンを集計

昨日はGoogleの位置情報サービス、LatitudeがiPhoneアプリになったことがちょっとした話題になった。Latitudeは認めてくれた相手の位置情報をグーグルマップ上で見ることができるという、いってみれば非常に単純なサービスではある。

このLatitudeにコミュニティ機能がついたらどうなるか。ユニークなサービスを生み出すことで知られるカヤックは友人や知人の場所を地図上にマッピングしながら、チャットができるiPhoneアプリのサービス「ナカマップ」を本日リリースする(追記:Android版もあり)。間もなくAppStoreからダウンロードできるようになる。

ナカマップは自分でグループを作成するか他人のグループに招待されることで、そのグループに参加している同士の位置情報を地図上で見られるようにしている。そして、グループ内でチャットができるというわけだ。位置情報を見ながらチャットができることで、新しい使い方の可能性がありそうだ(たとえば、単純にはこれからみんなで合う場合に、待ち合わせ場所を全員の均等距離に設定するとか)。

ナカマップでは、ユーザーはそれぞれのグループに対して位置情報を共有するかしないかを選択できるようになっている(これはプラバシーのことを考えるとかなりうれしい機能だ)。チャットもシャウト機能を使えば、グループ内のユーザーがアプリを立ち上げていなくても、チャットの内容をプッシュして通知できるようにしている。

位置情報のソーシャルサービスはいろいろと出てきてるが、このサービスはチャット機能に絞っているので、直感的でわかりやすい。Androidやガラケーにも対応予定だというので、多くのユーザーが楽しめそうなサービスだ。