ゴールドマン・サックスが500億ドルに値付け―FacebookはYahooとeBayを合わせた評価額に

次の記事

カリフォルニア州法(刑法)がネット上の他人へのなりすましを犯罪と認定

Facebookの最新の会社評価額はGoldman Sachsが付けた$50B(500億ドル)となった。この額は未公開株取引サービスのSecondMarketでの評価額とほぼ同様だ。これによってFacebookはインターネット界最大の企業を祭る神殿入りを果たした。500億ドルといえば、Yahoo(市場評価額220億ドル)とeBay(370億ドル)のどちらよりも大きいし、むしろ両社を合わせた額に近い。しかもまだFacebookの株式は市場に公開されてもいない。ただし、インターネット業界の公開企業と比較すると、Amazon($83B)やGoogle($193B)にはまだ及ばない。

Facebookはすでに昨年、相対取引の評価額でYahooを抜いたが、これは当然のことと受け止められた。しかし、今回の500億ドルについてはどうだろう? Facebookには本当にそれだけの価値があるのだろうか? 2010年の収入は$2B(20億ドル)前後と推定されている。つまり年間売上高の25倍に評価されているわけだ。これに対してGoogleの評価額は2010年の年間売上高の9倍で取引されている。

もちろんFacebookはGoogleとは比べものにならない速さで成長しつつある。しかし最終的に問題になるのは、売上高より利益である。Facebookはすでに単年度黒字化していると推測されているが、正確に言ってどれくらいの利益が上がっているのか、社外で知る者は誰もいない。しかもFacebookのソーシャル広告の収益化のビジネスモデルも完成の域にはまだ遠い。

いずれにせよ、ビジネスモデルを確立するための時間を稼ぐため、Facebookが株式公開の時期をできるだけ先延ばしにしたいと願っていることだけは確かだ。現在のところ、Facebookは全米のページビューの4分の1を自社が占めているという事実を頼りにできるかぎりのキャッシュをかき集めている。現在はまだボリュームの勝負であり、ターゲット広告で高収益を生み出す段階には至っていない。

一方、Grouponの現在の評価額は $5B(50億ドル)だが、Facebookの半分程度の売上高を得ており、利益率は驚異的に高い。両社は全く異なったビジネスモデルであり、長期的な戦略もまったく異なる。とはいえ、どうしてFacebookの評価額がGrouponの10倍に達するのかを合理的に説明できるものはいないだろう。ある種のバブルなのか? 双方とも過大に評価されている可能性はある。

こうした未公開株の評価というものは少数の金持ち投資家の判断に基づくものだという点に留意しておく必要がある。今回はそれがゴールドマン・サックスだったわけだが、同社には他の動機もあった。大量の資金を供給することによって来るべきIPOでの有利な地位を確保しようとしているのと同時に、今回の投資によって得たFacebook株式の一部をロシアの投資家、DSTに売るオプションを保有している。またゴールドマンはこの目的のために特別に設立した投資組合を通じて、$1.5B(15億ドル)相当の株を自社の顧客に販売することができる。この組合はSECの500株主ルールによって通常なら要求されるはずの財務情報の開示を免れるために編み出されたものだ〔訳注〕。

$50Bという熱狂的な評価額で未公開株を売ったからには、Facebookの株式上場は市場最大のものとならざるを得ない。Googleの当初の市場評価額でさえ、その半分に過ぎなかった。

〔訳注:アメリカでは未公開企業であっても株主が500人を超えると、公開企業とほぼ同様の財務情報を開示する義務が生じる。現在Facebookは株主の大部分が社員であることを理由にSECから例外(TechCrunch記事「SECがFacebookに株主500人以上でも会計報告免除の例外措置」参照)を認められている。ゴールドマンの投資組合について、この例外措置の趣旨に反するものでないかどうかSECが調査を検討しているというWSJの報道あり。〕

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中