Android、ついにアメリカの全ユーザー数でiPhoneを抜く(comScore調べ)

次の記事

Appleのキーノートどころじゃなかった日本の「明けましておめでとう」―6939ツイート/毎秒の新記録達成

アメリカにおける携帯電話契約者の統計がcomScoreから発表された。それによると、2010年11月にAndroidは総ユーザー数で初めてiPhoneを抜いた。

comScoreの推計によれば、この時点でアメリカには6150万人のスマートフォン契約者が存在し、そのうちの26%がAndroid、25%がiPhoneのユーザーだったという。その前月、つまり2010年10月にはGoogleの23.5%に対する24.6%で、AppleはかろうじてGoogleをリードしていた。

これら数字は既存の全スマートフォン・ユーザーを対象とするもので、新規の販売台数ではない。ただし新規販売台数でもAndroidはiPhoneを上回っている。

現在、アメリカのスマートフォン市場で最大の既存ユーザーを擁しているのは依然としてBlackberryで、市場シェアは33%だ。しかしそのシェアは過去3ヶ月で4%もダウンしている。逆にAndroidのシェアは6%アップしている。Appleのシェアもわずかに上昇しているが、1%未満だ。これはiPhoneがアメリカ市場ではAT&Tをパートナーとする限り飽和状態になっていることを示唆するものといえるだろう。VerizonがiPhoneを販売し始めたときに、全体としてAppleのシェアを拡大することになるのか、既存のAT&Tのユーザーの乗り換えに終わるのかが注目されるところだ。

 

スマートフォンのトップ3プラットフォーム
2010年9-11月平均 vs. 2010年6-8月平均
13歳以上の米国の全スマートフォン契約者
ソース:comScore MobiLens
全スマートフォン契約者に対するシェア(%)
6-8月 9-11月 増減(ポイント)
全スマートフォン契約者 100.0% 100.0% N/A
RIM 37.6% 33.5% -4.1
Google 19.6% 26.0% 6.4
Apple 24.2% 25.0% 0.8
Microsoft 10.8% 9.0% -1.8
Palm 4.6% 3.9% -0.7

 

画像: Flickr/ Quinn Dombrowski

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01