独創的なプレゼン・ツールのPreziがiPad版をリリース

次の記事

Quoraに関するFAQ

Preziをまだチェックしてみたことがないなら、大きな見逃しをしていることになる。このアプリは私が今までに見たなかでもっとも独創的なプレゼンテーション・ツールだ。今日(米国時間1/10)、長らく待ち望まれていたPrezi for iPad(iTunesリンク)がついにリリースされた。ユーザーはこのツーつを利用してタブレット・コンピュータ上でライブで印象的なプレゼンが行えるようになった。

言うまでもないが、iPadはFlashをサポートしていない。そこで既存のPreziプレゼンの内容がFlashを含んでいる場合はその部分は再生できない。それを別にすれば、あらゆる既存のプレゼンがiPad上でスムーズに表示される。

Preziの公式ブログに詳細なリリースノートが掲載されている。

しかしタッチスクリーンを利用したPrezi for iPadがPreziの独創的なプレゼンを表示するのにきわめて優れたツールであることが下のビデオでよく分かるだろう。このiPad版は各種のジェスチャー操作(タップ、ピンチ、スワイプなど)を完璧にサポートしている。今回のリリースの時点では、新たなPreziによるプレゼンを制作したり、既存のプレゼンを編集したりする機能はないが、これらも近くサポートされるという。

Preziはすでに世界経済フォーラム、スタンフォード大学、Facebook、IBM 、Googleなど、多くの有力な企業・組織で利用されている。PreziはTED Conferences、Sunstone Capitalsから額は不明だが、資金を調達しており、Twitterの共同ファウンダー、Jack Dorseyらを顧問に迎えている。

このスタートアップは、ハンガリーのブダペストとサンフランシスコにオフィスを設けており、2009年の最初のローンチ以来、185万の登録ユーザーを得ている。Preziによれば、ユーザーは220カ国にわたっているということだが、最大の市場はアメリカで、ヨーロッパとアジアがそれに続く。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01