毎日寒いね, iPhoneは低温で破裂するって, 気をつけようね

次の記事

iPhone開放で瀬戸際に追い詰められたGoogleとMicrosoft

本当の話かどうか分からないが、とにかくノルウェーの女の人が零下14度の凍てついた荒れ地を散歩しているとき、iPhoneを取り出して使おうとしたら低温のために粉々に壊れていた。彼女はApple Storeにそれを持参したが、そこの天才たちは修理することを拒否し、iPhoneは氷点下の低温と摂氏35度以上の高温に耐えられる設計にはなっていない、と言った。

ただしiPhoneは、高温のときにはユーザに警告する。しかし、北極から吹いてくる邪悪な風に直撃されたときには、叫び声を上げてくれない。

そこで教訓: マトンやライ麦クラッカーを買うためにノルウェーの森の中のお店へ行くときには、iPhoneを毛糸の保温カバーで包みましょう。

出典: feberspeechorgan、Stefan。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))