Ballmer

iPhone開放で瀬戸際に追い詰められたGoogleとMicrosoft

次の記事

ドットコムバブル崩壊直後のシリコンバレーはこうだった

[筆者: Steve Gillmor]

火曜日(米国時間1/11)には、Steve BallmerがBob Mugliaをクビにし、GoogleがChromeからH.264をクビにした。チューブ(the tubes, インターネットのこと)*は、この二つの互いに関係なさそうな事件の分析で過熱しているが、私なら両者をミキサーで混ぜて、飲みづらいジュースぐらい作れるかもしれない。その味をしめる役をする強烈な香辛料は、水曜日の、VerizonからのiPhone 4の発表だ。〔*: tube、かつて某議員が、インターネットてチューブ(管、≒トンネル)みたいなものだ、と言ったことが、meme的な語源。〕

最近はAndroidの話題が加速度的に増えている。CESの会場には、100万台のAndroidタブレットが咲き乱れていたそうじゃないか。でも、聞こえてくる世間話によれば、Appleは単一キャリア方式の世界に生きているという。それはT型フォードの世界であり、色は選べますが車種はそれ(AT&T)しかないという歴史的過去の物語だ。毎日、いろんな人たちがほかのキャリアのお店からAndroidを買って帰る。どこで買っても同じだ、と思っている。PRがどんなにもっともらしいことを言っても、Androidが広範な市場に対して売れているのは、「オープン対クローズド」のせいでもなく、「ストア対マーケット」のせいでも、またさまざまな機能の有無や優劣のせいでもない。

Androidが売れている理由は、機能がiPhoneとほぼ互角であるため、ユーザ体験がiPhoneとほぼ同じであるため、iPhoneのそっくりさんとして、スーパーマーケットのKleenex(クリネックスティッシュ)やCheeriosの感覚で買えるためだ。つまりそれは、安い量産品のブランドだ。でも、Googleが繰り出すこの柔術(jujitsu)のワザは、廉価版の量産品であっても、それを成り立たせているルールの急変には弱い。Googleが各キャリアに与えているものは、まあまあ互いにそれほど大きな違いのない、iPhoneそっくりさんの量産品モデルだ。そこでAppleも今や安心して〔Androidのやり方に倣って〕、キャリア犬から首輪とリードを外して自由にしてやり、テザリング、IM、そして最終的にはVoIPといった彼らの利益源からの独占的なさや取りをやめることができる。

まずワンペアだ。VerizonがiPhone 4を出す。ちょっとデザインが違うが、いいじゃないか。データと音声でマルチタスクができないが、これも良しとしよう。3G上の無制限のテザリングや音声チャットのお値段の、バカ高さも忘れよう。なんといっても、今や自社のブランドが本物のiPhoneと直接に競合するのだ。もちろん、Verizonの契約ユーザたちからの、さばききれないほどの需要は、大きくふくれあがるだろう。しかしもっと重要なのは、これからのAppleはキャリアを特定せず全市場に対して、iPhone 5を出せる。そして各キャリアのユーザたちは、テレビ受像機能、企業向けの機能、オフィス労働者向けの機能などなどを売り込まれる。一つのデバイスに対して、キャリアたちはサービスの魅力で戦いあうわけだ。

そして、まさにここ〔iPhoneの全キャリアへの開放という事態〕に、GoogleのH.264モンダイが登場する。これからどうするのか、いよいよ腹をくくらなければならなくなったGoogleは、自分のプラットホームをユニークで価値あるものに仕立てるためなら、なんでもしなければならない。H.264というストア〔Apple Store〕のブランドは、採用率が50%以上ある。だからAppleは、FlashをブロックしてもiOSのユーザのほとんどが困らない、という立場だ。独占キャリアなし、という広大な路線を歩み始めたAppleの、市場席巻に対抗するためには、何かラジカルなことをしなければならない。Flashは死んだという、もはや無視できない議論に勝つために、Googleは”オープン性の神話”と強引な力業(ちからわざ)という妙な組み合わせを持ち出した。それは、Googleがその動機とパートナー戦略の信頼性について言うことは、何一つ信用できない、とデベロッパやChromeの採用者に告げているのだが、もはやなりふり構ってはいられない。

その結果Googleは、会社の綱領を”Webのために良いものはわが社のために良い”から、”Webのために良くてAppleのために悪いものはわが社にとって良い”に改めることになる。Googleは、VP8のパテント問題を精査しなければならない。その結果がノーと出れば最悪だ。Googleの態度は、Verizon iPhoneとその人気に対する過剰反応のようでもあり、急がないとChromeはつぶれるという焦りのようだ(猶予は2か月ぐらいしかない)。そして短期的な策としてはFlashのサポートを続けて、プラグインのダウンロードを不要にする。なんか奇妙な感じがするのは、これによってGoogleバージョンのSilverlight劇が幕開けしたみたいなのだ。それはビデオとChromeで始まり、それからYouTubeを介してほかのブラウザにも進攻していく。

Bob Mugliaが荷物をまとめて出て行ったのは、Silverlightが原因だと言われている。Steve Sinofskyが権力を固めてBallmerを継ぐためだ、と。WindowsをスーパーWeb OSにしてしまう(スーパーWeb OSの中にWindowsを埋め込んでしまう)、という大野心がある。MugliaとRay Ozzieは、そのための隠れ馬としてSilverlightを使うという点で、考えが一致していた。タイミングに関する見解だけが、両者で違っていた。ビジョンと戦略を持っているのはOzzie、Mugliaの手には実装チームと、Microsoftで最も好調なServers and Tools Business(サーバとツール事業部)で稼いだ金がある。Mugliaは、MicrosoftウォッチャーのジャーナリストMary Jo Foleyのインタビューで、Silverlightプロジェクトの縮小について語ったことがある。Ozzie/Mugliaの両人によるお家乗っ取り劇めいた姿勢は、それに対する不満が原因だったかもしれない。しかし、やはりここでも、もっと重要なのは、iPhoneとiPadのVerizon進出がMicrosoftに
与えた脅威だ。全キャリアがiOSを扱えるとなったら、Windows PhoneやWindowsタブレットMIAは大打撃だ。

Androidの市場での成功と同様に、OzzieとMugliaの成功は、プライベートクラウドではサーバ部門は儲からないことを実証し、また、ますます場違いでコラボレーションもできないOfficeプラットホームの地位を下げたことだ。それによって、会社の次世代の救世主Azureを軸とする経営モデルを確立した。それは、これまでのMicrosoftにはいなかった新しいタイプの社長が率いる必要があり、もしくは、Ballmerがじきじきに統率しなければならない。モバイルでは、MicrosoftはGoogleに抜き去られた。そして今度は、GoogleとMicrosoftの両方をAppleが抜こうとしている。皮肉なことに、Ozzieが去ったことはMugliaにとって両足を切られたようなものだ。彼の利益貢献度は、社内でSinofskyの次の位置に付けていたのだから。

Microsoftは、Ozzie/Mugliaの時代にオープン云々という新しい言葉を学び、クラウドへ前進する決意を固めた。Sinofsky/Ballmerの時代には、クラウドを経営の主軸にせざるをえないし、本格的なOffice離れが始まる前に、企業顧客の強力な引き留め策を編み出さなければならない。そして一方では、ストアブランドのための新世代のソーシャルワーカーたちが、新しいメッセージを広めようとしている。それはAppleの、動的オブジェクトの集合をリアルタイムに扱うという、明日の主力イノベーションに歩調を合わせたメッセージだ。FaceTime、AirPlay、Mac AppStore、TwitterのリアルタイムMacアプリケーション、等々という形でそのイノベーションは押し寄せる。

繰り返すと: Verizonはキャリアを代表してAppleに降伏する。Googleは、スマートフォンを超える’スーパーフォン’で全市場の全キャリアを教育したと満足していたが、突然、弱さを見せ始め、オープン性とか標準性といったまやかしの手口でAppleにダメージを与えようとしたことによって、信用も失った。Microsoftは、クラウドへの全面移行で満足していたが、Ballmerの親衛隊で後継者でもある人物をなだめるためにクラウドの長を解雇し、Silverlightクーデターを終わらせなければならなかった。そして、せっかくOzzieが彼らを救い出した元の泥沼に戻る。これから売れる携帯電話の3台のうち2台はiOSになり、タブレットの5台に4台をiOSが占め、Mac OSはiOSのモバイルAppStoreに統一される。AppleとGoogleと、古いMicrosoftモデルの三者が、横一線に並んでトップを争うことになる。こうなったのはすべて、Verizonのせいだ。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

“iPhone開放で瀬戸際に追い詰められたGoogleとMicrosoft” への41件のフィードバック

  1. むー より:

    こんなん信じてるのは林檎信者だけだろ。つかAndroidがiPhoneの劣化版とかマジ噴飯物。

  2. Yoshiya より:

    むーさんに一言。Googleが Android ケータイを安く売ろうとしていたのは歴史的事実です。それはおいておいて Android モバイルデバイスは iPhone より簡単にどこででも手に入ります。安く。そういう事を言っているんじゃないのかな?

  3. JK より:

    Googleはそこまで焦ってないと思うけどね。Androidで出来てiPhoneで出来てないことがまだまだあるし。(キーボード、WiMaxでテザリング、アプリの作りやすさ、Flash) H.264もChromeがサポートしてないだけで、他のブラウザ使えばいい。結果を言うにはまだ時期早々過ぎる。むしろこの記者が焦ってるようにしか思えない。

    • Kk より:

      >アプリの作りやすさ???

      この方は両方のデバイスでアプリを開発したことがあるのでしょうか?
      もし本当にiOSアプリが開発し難かったら、現状のApp Storeの状況は
      有り得ないと簡単に想像できると思うのですが(笑)

      >キーボード???

      iPhoneにはキーボード付きケースが売られてます。それに外付けの
      BluetoothキーボードはiPhoneの方が接続が「確実」ですね。

      Androidの最大の欠点は、そのエコシステムにおいてセキュリティの
      穴を塞ぐ仕組みに大きな大きな欠陥があることです。これを、正しく
      認識している企業担当者は絶対にビジネス用途としてAndroid携帯の
      導入はしないないでしょう。Windowsが延びたのは企業導入のおかげ、
      これからの本当の勝負はそこが分かれ目だと思います。

      • Noname より:

        Objective-Cの事を言ってるんじゃないでしょうかね。分りませんが。

      • Noname より:

        Objective-Cの事を言ってるんじゃないでしょうかね。分りませんが。

      • Kk より:

        C/C++でも開発できることを知らないのかな?
        ゲームなんかだと、全体の95%はそれでいける。

      • JK より:

        Androidでは素人でもアプリの作れるApp Inventorってのがありますよ。Appleのようにアプリケーションが承認されるのを待たなけれいけないということもあまりないですし。

        キーボードはやはり後付では何かと不便では。Bluetoothでは別途で電池も必要でしょうし、大きさ的にも。

        むしろ違いが多くていいのではないでしょうか。ライバルが多いほうが発展も早くなるでしょう。しかしこのライターが異常に攻撃的なところが気になりますね。なにか他に理由がありそうで。

      • Kk より:

        素人でもアプリの作れるツールやキーボードがAndroidを救うとは
        到底思えません…。

      • JK より:

        救うというよりも、違いが顧客を分けてるといったほうがいいのでしょうか。自分の周りにも結構iPhoneからキーボード付きのAndroidに買い換えたとい人は居ますけどね。それとH.264が使えないからAndroid買わないという一般ユーザーなんてほとん居ないでしょうし、VerizonからもiPhone売りだされたからと言っても、それはただ選択肢が増えただけ。ま、Androidに食われたマーケットシェアはある程度回復するかもしれませんが、瀬戸際に追い詰められたというのはあまりにも大袈裟な表現では。むしろ今までキャリアを絞っていたAppleの戦略のほうが疑問です。

      • Kk より:

        H.264同様に、素人でもアプリの作れるツールがあるから、キーボードが
        付いてるから、と言う理由でAndroidを買うという一般ユーザがシェアに
        影響するほど居るとは思えませんが?

        デベロッパーが質の高いアプリが開発しやすく、それを求めるユーザが
        増えることで販売台数が増すという理屈なら理解できますけどね…。

      • Kk より:

        H.264同様に、素人でもアプリの作れるツールがあるから、キーボードが
        付いてるから、と言う理由でAndroidを買うという一般ユーザがシェアに
        影響するほど居るとは思えませんが?

        デベロッパーが質の高いアプリが開発しやすく、それを求めるユーザが
        増えることで販売台数が増すという理屈なら理解できますけどね…。

      • おっさん より:

        JKさんはGoogleのためにがんばってらっしゃるようだけど、やっぱりオープンとか自由という単語に乗せられちゃった方ですか?

        Googleは言動の一つ一つがいちいち精査されるようなような巨大企業なんですよ。その巨大企業が、しかも悪をなさないともっともらしい看板を掲げている企業が舌を二枚も三枚も使っている事が問題だと指摘している記事の何が攻撃的なんでしょうか?それとも「これからはAndoridが市場を席巻するから、そういうくだらない事はぐだぐだ言うな」でしょうか?

        そうではなくて、一般の僕らに出来るのは、誰にでも理解できること。つまり「言ってる事とやってる事が合ってるのかどうか」をチェックする事です。

        あと、権威に縛られないとかそれっぽいことを言ってますが、あなた自身、しっかりと自由とかオープンとか競争というような「言葉に縛られている」のでは?言葉は力ですよ。

        Googleはすでにオープン詐欺ともいう状況に自分を追い込んでいます。オープンという言葉を乱発したことは、まさに「オオカミが来た」と嘘を言い続けた少年そのものです。自分がオープンと言えばなんでもOKだと思い込んでしまったわけで、普通の人ならもう疑ってかかる状況。クランチでさえ最近はせっせとその点を記事にしていますよ。

        最後に、「Appleの方がうんたらかんたら」という理屈ですが、100歩譲って、AppleがダメならGoogleはOKだとでも?この種の人たちにあまりにも多すぎるこの手の主張。なぜにAppleがダメなら他の企業がいいという理屈になるのでしょうか?Appleはどうであれ、Google自身がいいかどうかでしょう?他の企業がちゃんとしているかどうかでしょう?同じ土俵で同じ目線で同じ観点でものを見る訓練をなさるべきだと忠告したいですね。

      • JK より:

        論点が少々ズレているように思えますが。短く言うと、仕様がオープンかどうかというのではなく、エンドユーザーが結局どれを買うか、マーケットシェアがどうなるか、ということです。

      • imo より:

        >むしろ今までキャリアを絞っていたAppleの戦略のほうが疑問です。
        Amdroid歯科見ていない人にはわかりにくいかもしれませんが、
        最初はキャリアがiPhoneを拒否したんです。AT&Tしか相手にしてくれなかった。
        (そこで噂では3年間の独占契約でAppleはAT&Tと組んだと。)
        しかしiPhoneはキャリアの思惑と異なり売れてしまった。
        それからAndroidを導入したが、iPhoneを擁するAT&Tを潰せない。
        だからこそのiPhone導入です。
        その事実がこの記事の、
        >Verizonはキャリアを代表してAppleに降伏する。
        と言う言い方に表されていると思います。

        また国内のNo.1キャリアのiPhone導入を
        >それはただ選択肢が増えただけ。

        と言い切るのは、あまり冷静な判断でない・・・かなと。
        日本で言えばドコモから売る出したような事なのでは?
        しかもSprintやT-Mobile等からも出る可能性が高いと考える方が妥当ですよね。

      • JK より:

        >最初はキャリアがiPhoneを拒否したんです。AT&Tしか相手にしてくれなかった。
        それは知りませんでした。両社間に契約か何かがあったのかと思っていました。

        >SprintやT-Mobile等からも出る可能性が高いと考える方が妥当ですよね。
        それはあり得ると思います。こうなるとGoogleとMicrosoftよりも
        AT&Tの方がダメージが大きいような気がしますけどね。
        Micrsoftのスマートフォンは元々売れていませんし。
        Androidのほうは既に市民権を得てしまった感じがありますし。

      • JK より:

        >最初はキャリアがiPhoneを拒否したんです。AT&Tしか相手にしてくれなかった。
        それは知りませんでした。両社間に契約か何かがあったのかと思っていました。

        >SprintやT-Mobile等からも出る可能性が高いと考える方が妥当ですよね。
        それはあり得ると思います。こうなるとGoogleとMicrosoftよりも
        AT&Tの方がダメージが大きいような気がしますけどね。
        Micrsoftのスマートフォンは元々売れていませんし。
        Androidのほうは既に市民権を得てしまった感じがありますし。

      • JK より:

        でもなぜ日本でAppleはソフトバンクだけを選んだのでしょうかね?
        あきらかにドコモがラブコールを送っていたのにもかかわらず。

      • 0000 より:

        >むしろ今までキャリアを絞っていたAppleの戦略のほうが疑問です。

        これは日本のソフトバンクのiPhoneへの力の入れ具合を見ていただければわかると思います。
        アップルの狙いは、特定のキャリアにのみ提供することで、
        そのキャリアによって特別扱いされることでブランド力を高めることにあるのです。

        ソフトバンクは自分のところだけがiPhoneを販売できるため、
        安心してiPhoneのどこが素晴らしいのかを大々的に宣伝することができます。
        もし、ドコモもiPhoneを販売していたとしたら、ドコモに流れてしまうことを警戒して、
        今ほどの積極的なiPhoneアピールは行えなかったでしょう。

        そのおかげでiPhoneは既に十分なブランド力を確立しました。
        これはつまり、ソフトバンクやAT&Tが特別扱いして宣伝しなくても十分売れる商品になったわけで、
        これによって逆にソフトバンクやAT&Tに頼る必要もなくなったと言えるのです。

        日本ではまだソフトバンク専売ですがこれほどiPhoneの地位が確立した以上は、
        アップルの方でもそろそろソフトバンクに頼らなくてもいいと考え始めているでしょう。

    • Kk より:

      >アプリの作りやすさ???

      この方は両方のデバイスでアプリを開発したことがあるのでしょうか?
      もし本当にiOSアプリが開発し難かったら、現状のApp Storeの状況は
      有り得ないと簡単に想像できると思うのですが(笑)

      >キーボード???

      iPhoneにはキーボード付きケースが売られてます。それに外付けの
      BluetoothキーボードはiPhoneの方が接続が「確実」ですね。

      Androidの最大の欠点は、そのエコシステムにおいてセキュリティの
      穴を塞ぐ仕組みに大きな大きな欠陥があることです。これを、正しく
      認識している企業担当者は絶対にビジネス用途としてAndroid携帯の
      導入はしないないでしょう。Windowsが延びたのは企業導入のおかげ、
      これからの本当の勝負はそこが分かれ目だと思います。

    • imo より:

      記者さんはクランチの初代編集長で、テクノロジージャーナリストという分野を
      開拓した人(キャリア30年)だそうですが。
      http://jp.techcrunch.com/archives/20100406screw-you-benioff/
      こんな大物が初代編集長だったんだ・・・知りませんでした。

  4. num より:

    Steve Gillmor を捕まえて、林檎信者だとか、焦ってるだとか、このコメント欄には大物ぞろいなんだな驚いたよ…

  5. num より:

    Steve Gillmor を捕まえて、林檎信者だとか、焦ってるだとか、このコメント欄には大物ぞろいなんだな驚いたよ…

    • JK より:

      権威に縛られないのが、インターネットの良い事の一つではないでしょうか。

  6. imo より:

    今回の件でシルバーライトを連想したのは私だけでは無いことを知り安心。
    個人的には鋭い記事だと思うが、Androidファンボーイの方から色々な意見が出るでしょう。
    まあ、結果はじきに出るということで。
    個人的にはこの流れでVerizonとAT&Tの両対応のiPhone5が出た時
    (または3系統の物が同時発売された時)が、Androidが真に苦しくなるときではないかと。
    今回は峠を過ぎているiPhone4ですからね。それでもこの売れ行きで、iPhone5を予想できる。
    4-5ヶ月後ぐらいですね。

    しかしChromeOSもH.264を切ったら、ChromeOSではビデオ編集ソフトを
    作りにくくなるんじゃないかな?
    ムービーやBlu-Rayなど商用のビデオ製品のフォーマットはほとんどH.264だと思うが。
    しかもハードメーカーはみんなMPEG-LAのメンバー。
    WebM採用の可能性は限りなくゼロだと思うのだが。
    それともクラウドに移行するからハードはいらないんですかね。

  7. FT より:

    バルマーが後継者にしたい人がsilverlightの予算低下に文句言ってたから予算減らした優秀な人をクビにしたよってことか。
    silverlightはイマイチFlashに本気で対抗しようと言う展開が見て取れないので、予算低下も仕方ないように思うけどね。
    Ecripseで開発できるといっても、Flashのようにわかりやすい開発環境があるように見えないし、開発できるExpressionは妙に高値でAdobeに対抗する気あるのか解らない感じだし。

  8. rishikaw より:

    キャリアの立場としては興味深いな。

  9. rishikaw より:

    キャリアの立場としては興味深いな。

  10. rishikaw より:

    キャリアの立場としては興味深いな。

  11. rishikaw より:

    キャリアの立場としては興味深いな。

  12. rishikaw より:

    キャリアの立場としては興味深いな。

  13. rishikaw より:

    キャリアの立場としては興味深いな。

  14. saito0119 より:

    なるほど

  15. saito0119 より:

    なるほど

  16. […] 〜 – CNET Japan iPhone開放で瀬戸際に追い詰められたGoogleとMicrosoft – TechCrunch SEO: サイトの一部にアダルトコンテンツが含まれる場合の対処法 – […]

  17. […] ▼iPhone開放で瀬戸際に追い詰められたGoogleとMicrosoft […]

  18. Tetsu Yamahira より:

    しかし読みにくい文章だな。原文が悪いのか、それとも翻訳が悪いのか。

  19. Tetsu Yamahira より:

    しかし読みにくい文章だな。原文が悪いのか、それとも翻訳が悪いのか。

  20. Tango Kilo より:

    主観ばっかりで破綻してると論破されてますが・・・http://anlyznews.blogspot.com/2011/01/iphone.html

    • imo より:

      リンク先は典型的なAndroid擁護論ですよね。
      確かにAndroidは売れていると思いますが、それだけならベライゾンが
      iPhone欲しがる理由がないでしょう。
      海外のデータは私は知らないのですが、同様にAndroidが売れ始めた日本では、
      キャリアの月別の契約者純増数は、実はiPhoneとAbdroidの両方を有する
      ソフトバンクの一人勝ちです。最近の純増数はリンクをどうぞ。
      http://www.itmedia.co.jp/promobile/articles/1101/11/news073.html
      これと似た傾向がアメリカでもあるため、ベライゾンもiPhoneを欲したのでは?と思います。
      つまりこの状況を変えるためベライゾンはiPhoneをガンガン売っていく、
      今後は他キャリアも?というのが記者さんの予想なのだと思います。

  21. […] ▼iPhone開放で瀬戸際に追い詰められたGoogleとMicrosoft […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中