[jp] GREEがアドエクスチェンジ運営のアトランティスを買収ーー買収金額は約22億円【アップデート】

次の記事

NoSQLグラフデータベースGraphDBのSonesが200万ユーロを調達してクラウドコンピューティングサービスの拡充へ

2011年もやはりソーシャルの年なのだと思わせるニュースが入ってきた。GREEは今日、アドエクスチェンジ運営のアトランティスを子会社化し、スマートフォンにおけるアドネットワーク事業を新たに開始すると発表した

買収の金額は明示されていないもののリリースによる取得株式を計算すると約22億円になるようだ。Zyngaによるウノウ買収が数十億円という話題だったが、今回は国内同士、しかもそれぞれが創業10年以内というしばらくみなかったケースだろう。2007年創業のアトランティスは社員数15名、ベンチャーキャピタルや広告代理店が株主として参加している。

では、今回なぜGREEは同社の買収に踏み切ったのだろうか。そこにみえるのがやはりきたるべき「スマートフォン」時代への布石だ。リリースにもスマートフォン向け『GREE Platform』におけるトラフィック活性化やマーケティング力向上による事業の強化を図る」としている。

同社サイトによると運営しているアドサーバーのAdlantis(アドランティス)の月間配信ボリュームは450億回(2010年8月時点情報)だが、スマートフォンへの配信も5億インプレッションあるそうで、配信量は毎月10-20%の割合で伸びているとしている。GREEがこのスマートフォン向けのアドネットワークを獲得することはスマートフォンユーザーの獲得に大きなシナジーを生むことになるだろう。

特にアンドロイドなどのいわゆる「非iPhone」スマートフォンは今後も大きな伸びを示すとされているだけに、自社での開発、運営ではなく、拡大中のネットワークをこのような方法で手に入れるのは、スピードを重視したということだろう。具体的な事業者名こそ伏せられたが、他社も買収検討に入っていたという話も入っているので、GREEは今後の展開にひとつ有利な条件を手に入れたということになる。

アトランティスは3年目のスタートアップだ。同社につけられたとされる22億円という買収金額は国内例としては大型だろう。IPOが難しいとされる昨今、イグジットにこのような事例ができることは、起業を目指す人々にとって勇気づけられるニュースだと思う。ソーシャルゲーム市場は急拡大に伴っていろいろなきしみも聞こえてくるが、一方でこのような流れを生む原動力にもなっている。今後もこのような展開が続くのかどうか。注目したい。

【アップデート】
リリースに掲載されている取得株式の金額を再計算してみると全株式取得で約20億800万ほどになるようだ。本件は事前に取材をしており、詳しい関係者筋からの情報として約22億円という数字を掴んでいた。おそらくリリースにある残り株式を「一定の条件」で段階的に取得するというのが今回の差額にあたるものと推測する。