iPadの成功を誰一人予測できなかった件

次の記事

iPhone/iPadの発売から今日まで全期間累積のトップアプリケーション

Appleは昨年iPadを1500万台近く売った。台数ではMacを上回っているし、売上高でもMacに迫る勢いだ。10-12月期には730万台が売れたが、これは7-9月期に比べて75%のアップだ。12月期の売上高、$4.6B(46億ドル)は連続して65%のアップだ(iPadのリリースは4月)。

どの点から見ても、全く新しいジャンルのコンピュータとして、これは大成功といわざるをえない。あまりにも信じがたい成功だったので、強気のウォールストリートのアナリストも夢想的なブロガーも、誰一人として予言することができなかった。

Asymcoの記事はウォールストリートのアナリストとテクノロジー系ブロガーのiPadの初期の売れ行き予測を集めている。iPadの2010年の実際の販売台数は1480万台だった。これに対してウォールストリートのアナリストの予測の最高は700万台(Broadpoint AmTechのBrian Marshall)、これにDavid Bailey(Goldman Sachs)の620万台が続いた。Appleの熱烈なファンであるGene Munsterも当初は350万台程度と予想していた。14人のアナリストの予測の平均は330万台だった。

テクノロジー・ブロガーの方が多少成績が良かった。Foxのアンカー、Clayton Morris(彼がブロガーかどうかはやや疑問だが)、900万台と予測した。John Gruberの予測が800万台。8人のブロガーの平均は550万台だった。

つまり、iPadはブロガーの予測の3倍売れたことになる。ウォールストリートのアナリストの予測に比べれば5倍だ。テクノロジーについて予測する場合、革新的であればあるほど理解できる人間は少なくなるのが常だ。

Asymcoによる集計は以下のとおり。

専門アナリストによるiPadの初年度売上台数予測 (ソース:TMO Finance Board)

  • Brian Marshall, Broadpoint AmTech   7.0
  • David Bailey, Goldman Sachs           6.2
  • Kathryn Huberty, Morgan Stanley     6.0
  • Shaw Wu, Kauffman Bros.              5.0
  • Mike Abramsky, RBC Capital Markets   5.0
  • Gene Munster, Piper Jaffray           3.5
  • Ben Reitzes, Barclays Capital           2.9
  • Keith Bachman, BMO Capital         2.5
  • Jeff Fidacaro, Susquehanna           2.1
  • Chris Whitmore, Deutsche Bank       2.0
  • Scott Craig, Merrill Lynch               1.2
  • Peter Misek, Canaccord Adams       1.2
  • Doug Reid, Thomas Weisel             1.1
  • Yair Reiner, Oppenheimer             1.1

テクノロジー・ブロガーの予測

  • Clayton Morris: 9
  • John Gruber: 8
  • Horace Dediu: 6
  • Natali Del Conte: 5
  • Ross Rubin: 5
  • Mike Rose: 4.5-5
  • Jason Snell: 3
  • Andy Ihnatko: 3

 

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01