TestFlight:iOSデバイスに直接テストアプリケーションをインストールできる簡単サービス

次の記事

Facebook、いよいよIPOに向けたタイムテーブルを策定。公開は2012年4月?!

リリース前のiPhoneアプリケーションをテスト使用したり、あるいは人にテストしてもらおうとしたことのある人なら、誰もがその手間にうんざりした経験をお持ちだろう。UDIDの取扱いも面倒だし、アプリケーションのインストールにパソコン上のiTunesを経由して行わなければならないのも最悪だ。ダイレクトにiPhoneとやりとりさせてくれても良いじゃないか。と、そういう不満に応えてくれるのがTestFlightだ。

このサービスを利用すると、アプリケーションを直接iPhoneにインストールすることができるようになり、iTunesで同期しなければならない現在の方法に比べるとはるかに簡単にテスト作業が行えるようになる。実はサービスインの前に少し使わせてもらったのだ。あるスタートアップが提供するiPhoneアプリケーションをテストするのに利用してみた。あまりに簡単に使えるのでびっくりしてしまった次第だ。リリース前のテストを依頼してくるスタートアップには、全員このシステムを使って欲しいとすら思っている。

少々褒めすぎかもしれないが、他にも多くの人が同様の感想を抱いている様子。Posterous、Twitter、およびIcon Factoryなど、さまざまなサービスでアプリケーションの新版をテストするのに、このTestFlightを採用しつつあるようだ。

尚、TestFlightには、ダイレクトインストールの他にも便利な機能が備わっている。利用者をグループ化して、そのグループ毎に異なるバージョンを提供することもできるのだ。たとえば社内のメンバーに特定のバージョンを使わせつつ、投資家にはもう少し安定したバージョンを提供するというようなことも簡単に行える。またステータスのトラッキングも行えるようになっている。また、テスターを広く募集したいときのために「recruitment」機能も用意されている。

もちろん、TestFlightを使っても、Appleの提示する制限に縛られ面はある(UDIDが必要である点など)。しかしプロセスがはるかに簡単になるのは間違いない。そしてもちろん、TestFlightはiPadでもiPodでも利用することができる。

TestFlightは現在、使ってみたいという人には無料で提供されている。有料の企業バージョンも提供される予定だとのこと。価格はまだ未定だ。共同創立者のBen Satterfieldによると、自前でインストールして利用できるライセンスと、さらなる追加機能を用意する予定だとのことだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)