反政府運動高まるエジプトでTwitterが封鎖

次の記事

NFCが重要な理由(日本の地下鉄に乗ったことがあれば分かる)

チュニジアの最近の反政府デモに喚起された抗議者たちによってカイロの街路が埋め尽された。そして、チュニジアのデモと同じく、エジプト国民はFacebookとTwitter上に集った。そして今エジプトでは、Twitterがブロックされているらしいことが、数多くのツイートや通報によってわかった。しかし、今のところ遮断されているのはTwitterのホームページだけ(モバイルサイトを含む)とみられ、カイロの人々はサードパーティー製クライアント経由でツイートを続けている。キャリアーによってモバイルウェブ全体が閉鎖されているという報告もあるが、少なくとも一社、Vodafone EgyptはTwitterをブロックしていないと表明し、この問題はネットワークの過負荷であると言っている。アップデート:ある情報提供者によると、Twitterアプリもブロックされており、ツイートする唯一の方法はウェブプロキシを使うことだとのこと。アップデート2:TwitterがエジプトでブロックされていることについてGoogle広報に確認したところ、このHerdictのレポート紹介され、これを見ると、当地では確かにアクセス不能に陥っているようだ。

Facebookもまた、デモの組織化に使われているほか、この行動を記録に留め支援するためのグループが世界中で作られている。例えば、We Are All Khaled Saidと呼ばれるFacebookグループは、抗議行動や現場写真の最新情報を載せている。Khaled Saidというのは「アレクサンドリアで警察の容赦ない拷問によって殺された若者」であるとBlake Hounshellが、Foeign Prolicy誌のブログに書いており、彼の死はエジプトの国民の祝日「警察の日」に行われるデモの契機となった。

アップデート:同Facebookグループの報告によると、警察は抗議者に向けてゴム弾を発砲している。

ソーシャルメディアは世界中の反政府行動の組織化や広報で、益々重要な役割を果たすようになってきた。テレビや新聞と異なり、TwitterとFacebookはその分散された形態のために、全面的に遮断する以外、容易に制御する術がない。唯一の選択肢がTwitterなどのサービスを封鎖することだと政府が気付く頃、抗議グループはすでに活動を開始している。そして、こうしたチャンネルからはいずれにせよ報告が送られ続けるため、抗議行動(時にはそれに続く暴動)の広がりを見る最も迅速な手段となっている。報告は当初正確でないこともあるが(ゴム弾を「実弾」と間違えるなど)、すぐに自己訂正されることが多い。

写真出典:Facebook

Mohamed ElGohary@ircpresident
Mohamed ElGohary

TWITTER IS BLOCKED IN EGYPT #Jan25

about 9 hours ago via TweetDeckRetweetReply

Nasma B@NasmaBar
Nasma B

The voice of revolution will still be heard. Blocking twitter will not affect a thing. #jan25 #egypt #justsayin

about 9 hours ago via ÜberTwitterRetweetReply

MideastYouth@MideastYouth
 

We're working hard to get new info out of Egypt. Twitter is blocked all over Egypt, connection very slow, internet on mobiles blocked.

about 9 hours ago via TweetDeckRetweetReply

Vodafone Egypt@VodafoneEgypt
Vodafone Egypt

We didn't block twitter – it's a problem all over Egypt and we are waiting for a solution.

about 8 hours ago via Twitter for iPhoneRetweetReply

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)