SonyがPSP2を披露("PS3並の性能"だと)

次の記事

海賊行為に関連した検索クェリをGoogleが検閲している

前にも報じたように、Sonyが今日、PSPの後継機種、コードネーム“Next Generation Portable”(次世代携帯型エンタテインメントシステム)を東京で披露した。Sonyが主張する最大の売りは、この携帯ゲーム機がPS3と同じぐらいパワフルである、つまり“グラフィクスがPS3クラス”ということだ。Sonyは、実際に動いている状態の同機を見せた。

主な機能は、以下のとおり:

  • 5インチ960×544のOLEDタッチスクリーン(今のPSPは4.3インチ480 × 272の液晶)
  • ARM Cortex A9 core CPU (4 core)
  • SGX543MP4 GPU
  • ストレージ: “新型のミニフラッシュメモリカード”(UMDよさらば)
  • フォームファクター(Sony曰く”“super oval”(超楕円形))
  • 裏面にタッチパッドがあり、ゲーム内のオブジェクトを裏から触ったり押したりできる。
  • 3GとWi-Fi IEEE 802.11b/g/n(ゲーム機で3Gは初めて)
  • 前と後ろにカメラ
  • デュアルアナログスティック
  • 6軸チルトセンサーコントロール
  • GPS
  • ステレオスピーカーとマイク内蔵
  • Bluetooth 2.1 + EDR
  • サイズ: 182.0 x 18.6 x 83.5mm

ここにSony Japanのプレスリリースの全文(英語)がある。〔日本語。〕

裏面:

発売は年末、価格は未定、だそうだ。

最初は3色:

写真はAV Watch [JP]より。

以下はSony Japan提供の写真:

続報あり(予定)。

〔関連記事: プレイステーションのゲームがAndroid携帯へ(未訳)。〕

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))