インターネットを政府が遮断したときの代替手段を考えるフォーラムOPENMESH

次の記事

アフィリエイトプラットホームZferralがSaaSのアプリケーションストアCloudomaticを買収

エジプトにおける、インターネットの遮断という未曾有の事態を受けて、エンジェル投資家のShervin Pishevarが、OPENMESHというフォーラムを立ち上げ、通信ネットワークの政府による妨害行為を防ぐ方法を議論していくことにした。この…今のところ閑散としている…サイトは、Pishevarが彼の考えをツイートしてから数時間後に、フォロワーの@Laksman@garyjaybrooksが設計し構築した。

PishevarのTwitterアカウントは、1月25日に抗議活動がスタートして以降のニュースソースである#Egypt#Jan25の、ミニ版として機能しているが、彼はOPENMESHを開設した動機を次のように説明している。

“政府がその国のインターネットバックボーンとモバイルのネットワークと、さらに固定電話の回線まで封鎖したときには、人びとがコミュニケーションするための別の方法が必要だ。たとえば、都市内〜国内の、アドホックモードによるメッシュネットワークとか、ピアツーピア通信などが考えられる。

イランや今のエジプトのように、モバイルのネットワークまで封鎖されたら、Bluetoothによる通信といったシンプルな方法もありえる。国際水域の海上の船にWiMAX中継局を置き、それがインターネットに接続している衛星と通信してもよい。さらに国内の有志は、モバイルのルータをバックパックや車やビルの屋上などに置いて、メッシュを構成することができる。”

現状では、政府がISPたちにサービスの中断を強要したときの代替手段はほとんどない(固定電話が生きてるときのダイヤルアップを除いては)。しかし、未来がこうであっては困る。“独裁の最後の砦はルータだ”、とPishevarは言っている。

議論に参加し、アイデアや労力などを提供したい人は、OpenMeshProject.orgを訪ねるか、または@Shervinにツイートを。

〔参考記事。〕

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在240人フォロワーがいます。