Apple―「アプリ外で販売したければ必ずアプリ内課金APIも利用せよ」

次の記事

ウェブ制作ツールを提供してきたWebsが、Facebookファンページ制作サービスのPagemodoを買収

昨夜(米国時間2/1)、New York Timesは「Sonyの eリーダー・アプリがAppleのApp Storeへの登録を拒絶された。理由はApple独自のアプリ内課金システムを利用していなかったため」と報じた。

さらに悪いニュースは、Appleはアプリ外で販売されたコンテンツをダウンロードするアプリを拒絶することにしたらしいという点だった。そうであればAmazonのKindleプラットホームにとって重大な問題だ。

これについてAppleの広報担当者は次のような声明を発表した。

われわれはデベロッパーに対するガイドラインやサービス提供約款を変更していません。ただし、われわれはアプリがアプリ外での課金を許している場合には、アプリ内での課金機能も設けるよう求めることにしただけです。

はて?

Appleは約款もガイドラインも変更はないという。それだけ聞くとNew York Timesの記事は誤報だったのかと思えてくる。しかし、その約款を適用する方法が変更されている。それではやはり記事は正しかったのではないか?

この点に最も関連があるのは昨年9月に発表されたAppleのデベロッパー・ガイドラインの次の一節だ。11条2項にこうある。

Appleのアプリ内課金API( In App Purchase API =IAP)を利用せずにコンテンツに課金する機能ないしサービスを提供するアプリの登録は拒絶される。

アプリ内でユーザーに課金することができないので、AmazonのKindleアプリのユーザーはブラウザに飛ばされて、そこで電子書籍を買っている。コンテンツはその後Kindleアプリに同期されることになる。Appleの規定の文言はやや曖昧でこうした方法であってもガイドライン違反だと主張することはできるかもしれない。ただし、今まではこうした形〔IAPを実装してなければ拒絶される〕でガイドラインが強制されたことはなかった。だから「何も変わっていない」というAppleの主張は成り立たない。

またユーザーにとっても迷惑千万な措置だ。Appleはデベロッパーに対して「ブラウザー経由の課金をするなら同時IAPを利用したアプリ内課金も実装しろ」と命じていることになる。Appleパスワードを入力するだけすむアプリ内課金の方が簡単で便利なので多くのユーザーはそちらを選ぶとAppleは考えているのだろう。しかしアプリ内課金を利用した場合、Appleに対して販売代金の30%を支払わなければならないデベロッパー側からすれば、ユーザーをブラウザ内の課金に誘導する強い動機がある。

どちらにしてもこれはAmazonその他、ブラウザでの課金に依存してきたデベロッパーにとっては悪いニュースだ。ゲーム内などでバーチャルグッズを販売しているデベロッパーなら、もともと原価はタダのようなものだから30%をAppleに支払うこともできるだろう。しかし書籍のような高価値のコンテンツの場合、30%ものコミッションは痛手だ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01

“Apple―「アプリ外で販売したければ必ずアプリ内課金APIも利用せよ」” への19件のフィードバック

  1. […] This post was mentioned on Twitter by TechCrunch JAPAN, 2u_reader, Naoki SATO, manabu uekusa 植草 学, Amazoness and others. Amazoness said: Apple―「アプリ外で販売したければ必ずアプリ内課金APIも利用せよ」: そうであればAmazonのKindleプラットホームにとって重大な問題だ。 これについてAppleの広報担当者は次のような声明を発表した。 われわれ… http://bit.ly/hMKVwf […]

  2. iPhoneディベロッパーや企画要注意!

  3. iPhoneディベロッパーや企画要注意!

  4. iPhoneディベロッパーや企画要注意!

  5. chika より:

    制限が多くなるのね。。

  6. hajime より:

    大家からしたら店子が勝手なことをしようとしたら、制限掛けるのは当然だろうな。プラットフォームを握ったところが強いということ。

  7. サービスによってはどうしても出来ない(ビジネスが成り立たない)物もあるだから、全てNGは厳しい。

  8. サービスによってはどうしても出来ない(ビジネスが成り立たない)物もあるだから、全てNGは厳しい。

  9. サービスによってはどうしても出来ない(ビジネスが成り立たない)物もあるだから、全てNGは厳しい。

  10. サービスによってはどうしても出来ない(ビジネスが成り立たない)物もあるだから、全てNGは厳しい。

  11. Kazunari Hoshi より:

    ECはアプリ外課金が可能(むしろアプリ外課金以外はサービスの実装は困難)、デジコンは基本的にApple課金が必須(サービスの実績による例外的処置はある?)というのがApple課金の仕様と認識していたが、今回の厳格化の影響で、私の知人のソフトも拒絶されてしまった。。なお、さらにAppleha、コミック等のアプリインプリメント型のデジコンから、InAppPurchace型(書棚型)への移行をするように審査を厳格化しているようなので、再度注意が必要。

  12. +amy より:

    うほw必死なのはわかるけどもますますスマホはiPhoneじゃなくてもいい気がしてくる。。w

  13. +amy より:

    うほw必死なのはわかるけどもますますスマホはiPhoneじゃなくてもいい気がしてくる。。w

  14. Guest より:

    規約が厳しいこと自体はユーザーの立場に立っているのである限りは全く問題ないのですが、
    今回の件はあきらかにユーザーの利益よりも自社の利益を優先した結果なのが残念。

    それに、アップルの都合でヒョイヒョイと、ビジネスモデルそのものに関わる部分の規約を変更されては、デペロッパーは安心してビジネスを続けられなくなってしまいます。(アップルの規約が変わって提供しているコンテンツの利益が見込めなくなった場合の保険のためにAndroidでもコンテンツを提供しようとする動きがさらに加速するはず)

  15. Guest より:

    規約が厳しいこと自体はユーザーの立場に立っているのである限りは全く問題ないのですが、
    今回の件はあきらかにユーザーの利益よりも自社の利益を優先した結果なのが残念。

    それに、アップルの都合でヒョイヒョイと、ビジネスモデルそのものに関わる部分の規約を変更されては、デペロッパーは安心してビジネスを続けられなくなってしまいます。(アップルの規約が変わって提供しているコンテンツの利益が見込めなくなった場合の保険のためにAndroidでもコンテンツを提供しようとする動きがさらに加速するはず)

  16. Guest より:

    規約が厳しいこと自体はユーザーの立場に立っているのである限りは全く問題ないのですが、
    今回の件はあきらかにユーザーの利益よりも自社の利益を優先した結果なのが残念。

    それに、アップルの都合でヒョイヒョイと、ビジネスモデルそのものに関わる部分の規約を変更されては、デペロッパーは安心してビジネスを続けられなくなってしまいます。(アップルの規約が変わって提供しているコンテンツの利益が見込めなくなった場合の保険のためにAndroidでもコンテンツを提供しようとする動きがさらに加速するはず)

  17. oho より:

    うわぁ・・・

  18. oho より:

    うわぁ・・・

  19. ウプサラ太郎 より:

    いいね!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在380人フォロワーがいます。