GoogleはPathを$100M+αで買収しようとして断られた

次の記事

The Daily:iPadに「定期購読」課金モデルが登場

昨日(米国時間2/1)の本誌の記事は、Path$8.5M(850万ドル)の資金調達を報じた。そのラウンドを仕切ったのはKleiner PerkinsとIndex Venturesだ。評価額を知りたかったので、2〜3の情報筋にあたってみたら、この金欠スタートアップに関する驚くべき話が浮かび上がってきた。Googleからの$100M+α(1億ドル+α)の買収を断り、そして結局、資金調達にこぎ着けたのだ。

Pathはまだ小さなサイトで、昨日同社はユーザ数はわずかに”数十万”だと言った。フレンド数がたった50名の、しかもプライベートなモバイルネットワークなので、ヴァイラルな拡大が難しい。でも、アクティブユーザの20%が、毎日使っているそうだ。Zynga並の高い利用率だが、それは、一部の人びとにとってPathが日々のメインのコミュニケーション手段であることを物語っている。

12月はじめにPathは、Kleiner PerkinsとIndexの投資条件書にサインした。そのときにGoogleが動き、最終的に、1億ドル+2500万ドルの出来高払い(4年ぶん)をオファーした。このGoogleのオファーは、普通の人が見れば、考える必要もない商談だ。しかも流動化イベント(liquidity event, 流動性発生事由–IPOや被買収など大儲けの機会)を経験したことのないファウンダのDustin Mierauらにとっては、人生を変えるほどのビッグな経験だったはずだ。

GoogleはとくべつにPathを気に入っていた、と複数の情報筋が言っている。とくに欲しいのはそのチーム、チームの”デザインのスキル”だ。その中には、高名な元Facebook社員Morinもいる。彼を獲得すれば、今後Facebookの社員を引き抜きやすくなるだろう、とGoogleは考えた。

しかしPathは、そのオファーを断った。そして、KleinerとIndexの資金調達ラウンドを選んだ。投資前評価額がおよそ2500万ドルだった、と複数の情報筋が言っている。協同ファウンダでCEOのDave Morinは、Googleからの買収話をテコに使って評価額をつり上げようとはしなかった–同社に近い筋がそう言っている。”彼は最初の約束を守る男だ”、そうだ。

Googleを断る決定は全員一致ではなく、かなりの激論があったようだ。しかし、とくにMorinが、Pathの経営ををこのまま続けたい意向だったらしい。

クレージーか? まさにそうだ。Dave Morinは、クレージーな男である。良い狂気だったか悪い狂気だったか、それはまだ分からない。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))