%5Bjp%5D%20%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E3%80%8C%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E8%B3%87%E9%87%91%E8%AA%BF%E9%81%94%E3%80%8D%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9%E9%96%8B%E5%A7%8B%E3%83%BC%E3%83%BCGrow%21%E3%80%81READY%20FOR%3F%E3%80%81CAMPFIRE%E3%81%AE3%E7%A4%BE%E3%81%8C%E3%83%87%E3%83%A2

[jp] 日本の「ソーシャル資金調達」レース開始ーーGrow!、READY FOR?、CAMPFIREの3社がデモ

クラウドファンディングやソーシャルファンディング、こういったキーワードを読者のみなさんであれば耳にしたことがあるはずだ。最近では「オープンソース版facebook」Diasporaが39日で6500人の出資者から20万ドルを集めるという大成功をおさめたことで、プラットフォーム側のKickstarterの話題に火がついた感がある。その後もこだわりのガジェット制作の資金調達や映画製作などの案件に対して多数の「パトロン」が生まれている。

投資した金額に対するリターンによってのいくつかのモデルがあるのだが、おおよそ共通しているのはプロジェクトに対して資金を募り、共同購入のようなある一定期間の間に契約が成立するかどうかという部分だ。

話題になっているKickstarterは投資した資金に対するリターンを金銭的な利益ではなく、購入(例えば映画に投資したらエンドロールに名前が載るなど)で返すのが特徴になる。仕組みや競合などについてはこの記事を参考に頂きたい。

そしてその波は一気に日本にもやってきたようだ。2月10日、私はスタートアップデイティング(※)のイベント会場で興味深い3社のサービスデモを見せてもらった。全サービスがまだ一般公開前で3社同時というのは最近では共同購入サービスくらいだろうか。それぞれ独自の取り組みや成り立ちがあり、個性が際立っていた。※スタートアップデイティングは筆者が個人的にオーガナイザーとしても参加しているイベントです。

クラウドファンディングREADY FOR?

ご紹介する3サービスの中でおそらくもっとも早くからオンライン上での寄付サービスに取り組んでいるのがREADY FOR?だ。あの人検索Spyseeを運営するオーマでこのサービスを担当する米良はるかさんは以前、展開していたチャリティーサービスの「あの人応援チアスパ!」で1年前に本誌に寄稿してくれたこともある。それだけにチャリティーやクラウドファンディング系の海外事情に詳しい。

「クラウドファンディングには大きく分けて寄付型、購入型、投資型の三つがある」と海外でこの事業がいくつかのモデルに分かれることを解説。自身が過去運営してきたチアスパの経験から「日本で寄付の文化を根付かせるのは大変難しかった」と運営したプロジェクトでの寄付は達成したもののいわゆる”寄付型”は国内では難しいと分析していた。

今回立ち上げるREADY FOR?はいわゆる「購入型」で、やはりサービスのモデルとしてはKickstarterのタイプになるのだという。「夢を持つ実行者の資金調達を応援できるサイトにしたい」と3月初旬のオープンに向けて音楽や映画など、資金が必要なプロジェクトを募集中だそうだ。

マイクロ・パトロン・プラットフォームCAMPFIRE

プレゼン冒頭に「一番儲かる」と豪語したのがハイパーインターネッツの立ち上げるCAMPFIREだ。こちらもREADY FOR?同様いわゆるKickstarterをモデルとする購入型の資金調達サービスで、プロジェクトの起案者が設定する調達額が達成されれば契約は成立、プロジェクトが提供するリターンを「購入」することができる。

では何が違うのだろうか?ーー注目したいのが「プロジェクトの集め方」だ。KickstarterがDiasporaというプロジェクトで一気に弾みがついたように、この事業はどのようなプロジェクトが集まるかが重要なポイントとなる。逆に言えば、沢山集まったとしても程度の低いプロジェクトばかりだと出資者の興味を惹くことができない。

その点、CAMPFIREは豪華だ。代表の石田光平氏が「CAMPFIREの強みはチーム力」と語るように、paperboy&co.の創業者で同サービスの共同創業者でもある家入一真氏やAR三兄弟など、創造性ゆたかな面々が周辺に集まっており、公開前にも関わらず既に個性的なプロジェクトが多数集まっているそうだ。ソーシャル上での話題性も含め、注目度は高い。

「資金とファンが同時に集まる」ことを目指すCAMPFIRE。将来的にクリエイター同士がコラボレーションできるような展開も考えているそうで、あらゆる創作活動に携わる層にとって心強いプラットフォームになりそうな印象だった。

ソーシャルパトロンプラットフォームGrow!

前の2サービスと全く違うアプローチなのがGrow!だ。タイプで分けると純粋な寄付型になるのかもしれないが、その方法がユニークで従来の寄付、例えばWikipediaの「ジミーウェルズからのお願い」ではない全く新しい方法を提案してくれている。それが「Grow! ボタン」だ。

facebookの「いいね!(Like)」ボタンのようにどこにでも設置できるこのボタンは、一回クリックするごとに100ポイントをその設置者に寄付することができるサービス。ポイントは100ポイントを1ドルで事前購入することができ、同社の手数料などを引いた金額が支払われることになる。クリックした内容はリンクを伴って自身のTwitterやfacebookなどのソーシャルストリームに流れるので、応援しているサービスへの導線にもなる。寄付と同時に宣伝も可能な「ワンクリック」がGrow!ボタンといえるだろう。

「能動的にクリエイターの応援をしたい」ーー自身もミュージシャンである同社CCOのカズワタベ氏は、クリエイター支援のあり方についてこう語り、この精神がGrow!のコンセプトになっていると感じることができた。サイトはまだ日本語のみだが、ポイントの購入単位をドルにするなどグローバルベースで考えている同サービスの公開は3月。国内よりも海外での展開が気になるサービスだった。

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

NNNNNLS
それをどうにかするのが開発者の仕事だろ
Hitoshi Anatomi
咄嗟の事態に臨んで指が汚れていたりして本人拒否された場合のことを考えているのでしょうか。
maeda hiroaki
ご指摘をありがとうございます。該当箇所含め、訳文を訂正させていただきました。
YUKI
原子力の問題は、コストとか効率云々の話ではないと思います。 まず、1回動かしたら簡単には止められない…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 122 other followers