%E6%A4%9C%E7%B4%A2%E3%81%AF%E3%81%BE%E3%81%A0%E5%85%A8%E7%84%B6%E3%83%80%E3%83%A1%E3%81%A0%20

検索はまだ全然ダメだ

10年前、初めてGoogleを使った。誰もが言っていたように、それは魔法だった ― 欲しい結果が真っ先に表示された。それ以前にAltaVistaを何年か使っていた人にとって、実に快適な体験だった。Google以前からインターネットを使っている人なら、誰でも私の言っている意味がわかるはずだ。とにかくGoogleはよかった。きっちりと仕事をしてくれた。

しかし年を経るにつれて、いやな、またGoogle以前に戻ったような感じがしてきた。検索は総じて不快な体験である。トラベル検索などはまるで冗談で、Gogobotなどのスタートアップが出てきて改善に取り組んでいる。私が旅行で一番良いホテルを探す時は、はなからGoogleを見捨ててTripadvisorやGogobotに行くことにしている。

ガジェットの製品レビューでも同じだ。一番良い情報はGDGTやAmazon、時にはコンシューマー・レポートに集まっているので、直接そこへ行きGoogleは使わない。実際私は最近Googleを主として、発見のためではなくナビゲーションに使っている。つまり、自分が探しているものが何かを知っていて、見つけるのに最適な検索クエリがわかる時だ。しかし、純粋な発見となると?? そこは私のクリックを奪い合う狂気のSEO合戦であふれている。

Googleの検索が機能しなくなっているという確たる証拠はあるか。恐らくどこかにはあるだろうが、検索シェアの数字に表れていないことは間違いない。Microsoftの膨大な競争努力にも関わらず、Googleは検索で順調にほぼ独占的リードを保っている。しかし、AltaVistも巨大な検索シェアを持っていたが、ある日突然それを失ったのだ。

そして今、Blekkoをはじめとする検索スタートアップたちが、少し違う視点から問題を捉え、真剣に検索の改善に取り組んでいるところを私は見ているが、彼らが成功するかどうかを言うにはまだ早すぎるだろう。

では、やっぱり検索が全然ダメだという証拠はどこにあるのか。実は、みんな私と同じくそれが真実であることを知っている。そして、無敵Googleが突如、あらゆる機会を捉えて自分たちの検索を自慢し始めたのは、彼らにもわかっている証拠だ。Googleが、自分たちのデータを盗んだとしてMicrosoftに食ってかかったのは少々やりすぎだった。結局は、発見の瞬間というより、わなにかけたような感じだった。

そして今日のこのJC Pennyの愚行だ。この会社は何ヵ月にもわたってGoogleを欺き、数十種類の商品検索で結果表示のトップを手にしていた。Googleは最近これを突き止めて排除した。そして私が知る限り、彼らは、まるでウィニングランをするかのように事件をNY Timesに流した。

しかしこれは、Googleにとって恥でこそあれ、喜ぶような問題ではないと私には思える。事実私は、ここでそう言った。GoogleのMatt Cuttsは、Bingを軽くけなして反応した「@arrington 大量のリンク問題が起きたのはこの3~4ヵ月、1年ではない。JC Pennyは今でもBingなどでは上位に入っている」

結構。Bingをちょっと叩くのはいつも楽しいからね。

以前Googleでスパムと戦っていたVanessa Foxも割って入り、こう言った。「@arrington Googleでのスパム対策は常に進行中の戦いだ。アルゴリズムの強化は、巻き添えによる被害とのバランスを考えなくてはいけない」。彼女は今日もまた、JC Pennyの件を報告している。

動揺した企業がほぼ間違いなくやることがある。まず、ライバルを貶す。次に、いかに問題が困難であり解決には時間がかかるかを語る。

1990年代終り頃のAltavistaが何度もそうしていた。ライバルがやってきて、Altavistaの問題を永久に解決する直前まで。

そう、検索は非常に難しい。しかし、シリコンバレーは難しいことが大の得意だ。今、本当に問題なのは、検索においてGoogleが聖域であるという認識である。新しい検索スタートアップの口上を聞いたベンチャーキャピタリストの頭に浮かぶのは、Cuilの大失敗のことだ。そして、ベンチャーキャピタリストは、シリコンバレーで最もリスクを回避する人たちなので、資金は出てこない。

しかし、あらゆる証拠がその逆を示唆している。Demand Mediaの評価額は$1.6B(16億ドル)だが、彼らの事業のすべては、Googleに無意味なコンテンツを安く送り込み、リンクのおこぼれに預かることで成立している。もしGoogleの検索がしっかりしていれば、Demand Mediaは存在しなかった。そしてBingも検索市場シェアで大きく伸びることはなかった。そしてJC Pennyがホリデーシーズン中数ヵ月にもわたって検索結果をもて遊び、何ヵ月も後まで発見されないなどということも起きなかった。

検索には真のライバルが登場する必要がある。Googleが全力を尽し、われわれみんながもっとハッピーになるために。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

みう
未成年が利用できること自体が間違い
abology
good shareتسويق إلكترونى غسيل خزانات شركة نقل عفش…
Shun Mori
骨系や歯の場合の方が臓器や柔らかい細胞と違って3Dプリンティングし易いかな・・マウスや羊の実験結果を…
Yoshifumi Murakami
どうやったら招待できるのか分かりますか?
mh
翻訳が微妙だな。Lightningと旧iPodケーブルで使用出来るみたい。
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 146 other followers