3ヵ月で100万ユーザー達成のInstagram、わずか6週間で200万ユーザーに

次の記事

グラフで見るアルジャジーラのソーシャル革命

昨年12月末、本誌は写真共有アプリのInstagramが、100万ユーザーという大きな節目を迎えたことを報じた。当時われわれは、達成までにわずか3ヵ月しかかからなかったことを驚きとともに伝えた。Foursquareが100万ユーザー達成に1年を要したことを考えると驚異的だった。Twitterは2年かかっている。しかし、Instagramのこの非常識とも思える急成長もかすむ記録が生まれた。Instagram自身によって。

先ほど同サービスが200万ユーザーを達成した。彼らがそのことをツイートし、その後本誌が会社に確認をとった。100万ユーザー到達から、わずか「6週間」後の出来事だ。

(数週間後に始まる)SXSWカンファレンスを控え、このInstagramの規模はライバルたちにとって脅威である。しかし、さらに脅威なのはこの成長率だ。しかも、未だにiOS版のみであることを考えると正気の沙汰ではない。こう言うと、AndroidアプリやBlackberryアプリなどがないという意味だと思うだろう。もちろん、それも正しい。しかし、彼らはサインアップのためのウェブサイトすら持っていないのだ。

少なくとも、今はまだ

ウェブ、そしてAndroidに登場した時には、爆発的なヒットが約束されている。もちろん、最近Androidバージョンを強く推進しているライバルのPicPlzも黙ってはいないだろう。新たなSXSW戦争勃発か?

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)