Apple、新コンテンツ講読モデルを発表―App Store外への購入リンクは禁止

次の記事

Zyngaの(噂の)評価額$7〜$10Bはついにゲームソフト最大手EAを超えた

数週間前のThe Dailyの発表の際に予告されたとおり、Appleはコンテンツの新しい講読モデルをApp Storeに導入する準備を進めていた。今日(米国時間2/14)、AppleはApp Storeにおける雑誌、新聞、ビデオ、音楽、その他のコンテンツ講読モデルを正式に発表した。

まず収入の分配はこうだ。Appleを通じて新規購読者が追加された場合はAppleが売上の30%を得る。しかしコンテンツのパブリッシャーを通じた新規あるいは既存の購読者についてはパブリッシャーが売上の100%を取り、Appleは一切手数料を取らない。

AppleはまたパブリッシャーがApp Store以外でも同一のデジタル・コンテンツを販売する場合は、App Storeでの販売価格と同等かそれ以下でなければならないとしている(これについては既報)。さらにパブリッシャーはApp Storeで販売されるアプリにApp Store外でコンテンツの購入ないし講読を可能にするリンクを設置してはならないとされた。

ただしプレスリリースではこの条件に同意して新モデルを採用したパブリッシャーが(The Dailyを別として)いたかどうか明らかでない。新モデルに対する新聞や雑誌の発行者の反応が興味深い。また新モデルがビデオ配信のNetflixやHulu、さらにAmazon KindleなどのApp Storeアプリにどのような影響を与えるかも注目される。

〔Appleのプレスリリース全文は原文に掲載されている。〕

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01