Webアプリとネイティブを結ぶ真の橋, GoogleのNative Clientがいよいよリリース間近

次の記事

エジプトに続いてリビアがインターネットの遮断を開始

本誌にも書いたことだが、ネイティブアプリとWebアプリケーションとのあいだには重要な違いがいくつかある。最近は、それらの違いはいずれ解消するという説が有力だが、でも期待に反してその歩みは遅く、とくにモバイルではネイティブアプリが圧倒的に優勢だ。従来からあるパソコンなどの上では、変化はもっと速く起きているようだが、でも、今Googleが取り組んでいるものこそ、Webとネイティブを結びつけるカギだろう。それは、Native Client。Googleによれば、その供用開始は目の前に迫っている。

Native Clientを使うとデベロッパは、ブラウザの中からネイティブコードを実行するWebアプリケーションを作れる。つまりブラウザが、従来からあるWebベースの言語、JavaScriptなどを実行できるだけでなく、CやC++で書かれたコードも実行できるようになる。さらに重要なのは、それによって、デスクトップアプリケーションのWebへの移植も、かなり容易になる。

この技術は完全にオープンソースだが、今のところはあくまでもGoogle主導の技術だ。Googleは主にNative Clientを作っただけでなく、NetscapeのPlugin API(NPAPI)を進化させたPepper Plugin API(PPAPI)も開発した。ちなみにNPAPIは、IE上でActive Xを使う場合を除き、ほとんどのブラウザがブラウザプラグインを動かすために使っている。Pepperは、NPAPIの可搬性とパフォーマンスの問題を解決した製品だ。

Googleは今日のChromiumのブログで、Native Clientの“離陸の用意ができた“と発表した。これまではPepperの完全なサポートに注力していたが、今ではNative Clientは“JavaScriptなみにポータブルでセキュアだ”、と言えるほどの状態に達した。そこでGoogleはこのプロジェクトの、完全に改作したSDKも披露した。

この新しいSDKは“Arctic Sea”と呼ばれ、Chrome 10以上を必要とする(Chrome 10は昨日本誌が紹介した)。なお、Pepperのサポートがほぼ安定に達したので、Native ClientはもはやNPAPIをサポートしない。新SDKの詳細は、ここにある。

[写真: flickr/U.S. Geological Survey]

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))