Googleが検索アルゴリズムの大改訂によりコンテンツファームを撃退(できたかな?)

次の記事

Android Marketで本も買えるようになった

Googleは今日(米国時間2/24)、検索アルゴリズムの大改訂を行った、と同社がそう言っている。具体的な名前を挙げているわけではないが、今回の大幅改訂の最大の撲滅ターゲットは、コンテンツファームと、それらと関連したスパム的コンテンツの制作者たちだ。彼らはここ数年、Googleの上で、誰にも邪魔されずやりたい放題をやってきたのだ。

検索クェリの11.8%が”はっきり分かるほど”良くなった、とGoogleは言っている。つまり検索結果の最上位に2〜3項目には、コンテンツファームやスパムサイトが登場しなくなった、というのだ。

Googleは、ユーザが検索結果に出てくる特定のサイトをブロックできるChromeエクステンションを最近導入したが、そこからのユーザデータは使用していない、と明言している。

ただしGoogleによれば、そのエクステンションを使ってユーザが排除したサイトの84%が、今度の新アルゴリズムでも排除された。

それらはどんなサイトか? Googleはそれを言わないが、アルゴリズムの改訂によって価値の低いコンテンツ…役に立たないコンテンツや他からコピーしたコンテンツなど…は除去される、と言っている。ということは、Demand MediaやAssociated Content、Mahaloなどが駆除されるのだな。これらのサイトの今後2か月ぐらいのトラフィックを見れば、Googleの新アルゴリズムにやられたかどうかが分かる。

2週間前の記事で、Googleの検索結果はあまりにも低品質だ、と猛烈に批判した。とくに、旅行関連やショッピング関連がひどい。今回のアルゴリズム改訂で良くなるかどうか分からないが、まあ期待して見守ることにしよう。

しかしいずれにしても、Googleの検索結果をコンテンツファームが支配した時代は、やっと終わりを迎えるようだ。ご同慶の至り。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))