Thunderbolt%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%81%8C%E5%A4%89%E3%82%8F%E3%82%8B%E2%80%95Macbook%20Pro%E3%81%AB%E3%82%82%E6%8E%A1%E7%94%A8%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9FIntel%E3%81%AE%E9%AB%98%E9%80%9FI%2FO%E3%82%92%E8%A7%A3%E5%89%96

Thunderboltですべてが変わる―Macbook Proにも採用されたIntelの高速I/Oを解剖

初耳の読者も多いと思うが、Intelはここ数年Light Peakという超高速のデータ転送を可能にするI/Oテクノロジーの開発を続けてきた。それが今日(米国時間2/24)、Thunderboltという新しいネーミングで登場した。スペックは驚異的だ。スピードは10G/bps(アップロード、ダウンロード双方)、デュアル・プロトコル、バス給電のサポートなど、Light Peak…失礼、 Thunderboltはまさに明日のI/O規格というにふさわしい。

このテクノロジーは今日、Appleの最新版MacBook Proに採用されて市場に登場した。しかしThunderboltの採用を決めたのはAppleだけではない。他にも多くのメーカーがサポートを表明している。今後Thunderboltを装備するデバイスが次第に増えていくことになるだろう。

ただし新規格が広く浸透するまでにはかなりの時間がかかるかもしれない。既存のUSBの大群がそう簡単に消えてなくなるはずはない。Thunderboltの刺青を自慢して歩くような熱狂的なマニアでないかぎり、複数の規格が競争しているときにひとつの規格だけをサポートするのは愚かなことだ。普及、育成に関しては長い目で見る必要があるし、それが健全だ。

Thunderboltの長所のひとつはデュアル・プロトコルのサポートだ。つまり、Thunderboltなら一つのポートでPCI ExpressタイプとDisplayPortタイプの双方の接続を実現できる。

これが新しいMacbook ProにThunderboltポートが一つした装備されていない理由だ。Thunderboltではほとんどあらゆる種類の接続が可能だ。DisplayPort接続(伝統的高解像度モニタ、伝統的高速ストレージ)はもちろん、適当なアダプタを用いれば、OSレベルでサポートされている既存のPCI ExpressドライバーでDVI、HDMI、VGA、FireWire、eSATA、Gigabit Ethernetが作動する。

こうした魔法のようなデュアル・プロトコル接続を可能にするのがIntel Thunderboltコントローラー・チップだ。物理的な光および電気的接続にはAppleが開発したミニDisplayPortコネクタが用いられる。理論的には、メーカーはあらゆる既存のデバイスにThunderboltコントローラー・チップを追加することで、現在のPCIExpressデバイスとの接続に関して完全な互換性を保つことができる。Thunderbolt規格には既存の規格と互換性があるためFireWireやeSATAのように互換性がボトルネックとなって普及が妨げられることはないはずだ。

スピードがすべてだ

ビデオやRAW画像の巨大ファイルの世界ではスピードがすべてだ。さいわい、Thunderboltは速い。単に速いだけではない。おそろしく速い。この規格は2チャンネルで各10 Gbpsの転送速度を誇る。つまりブルーレイ・ディスク1枚を30秒以下で転送してしまう。これはUSB 2.0の20倍速く、現在のスピードチャンピオン、FireWire 800の12倍速い。Engadgetの記事によると、「MacBook Proでの最初のThunderboltのデモで、5GBのファイルの転送に数秒しかかからなかった」という。

2チャンネル、双方向の規格なので、各チャンネルでそれぞれ10Gbpsの転送が行える。またThunderboltデバイスはデージーチェーン接続が可能だ。この場合もそれぞれのチャンネルが10Gbpsでデータを相互にやりとりできる。つまりデージーチェーン相接続された複数のデバイスが双方向、同時に10Gbpsでデータ転送を行えるのだ。これは現在一般的な転送速度と比べて信じられないほど速い。

Intelでは2010年代の末にはThunderbolt規格で100Gbpsの転送速度が実現できるものと期待している。

可能性は拡がる

Thunderboltからはあらゆるすばらしい可能性が開けてくる。デージーチェーン接続された多数のデバイスがバス給電で10Gbpsのハーモニーを奏でるという未来だ。適切なアダプタを介するだけで、ただのUSBハブがThunderboltの超高速データ通信のポータルとなり、同時にDisplayPortプロトコルでモニタに映像を出力する。

ちょっと考えただけでも素晴らしい―とはいえ、USBデバイスを投げ捨てるのは今少し待ったほうがいいだろう。業界の大勢がThunderbol支持に動いているとはいえ、このテクノロジーを搭載したコンピュータが普及するまでにはある程度の時間がかかる。

AppleとIntel以外にも有力企業がすでにThunderboltの採用を明らかにしている。ストレージ・メーカーではLaCie、Promise Technology、Western Digitalの3社、 A/Vメーカーでは、Aja、Apogge、Avid、Blackmagicの4社だ。Intelは当面プロ・ユーザー向け市場を優先する考えのようだ。一般消費者の多くはまだこれほど強力なデータ転送テクノロジーを必要とするまでに至っていない。それに新テクノロジーを市場でテストするならもっともハードに使うユーザーを対象とするのが理にかなっている(しかもプロ・ユーザーはアーリー・アダプターとなるリスクを冒す熱意もあればその資金もある)。

新テクノロジーは破壊的な効果をを及ぼす。一般消費者が「これで別に不自由はない」と思っていることころへ、いわばドアを蹴破るようにして入ってきて、すべてを変えてしまう。とはいえ、ユーザーとしては別にThunderbolt導入の旗振りをする必要はない。業界が徐々に採用していくのをじっくり見守っていればよい。eSATAハードディスクを買い控える必要はない―すべてThunderboltがサポートしている。遅かれ早かれ―たぶんハードディスクを次に買い換える頃―業界の全員がThunderboltを採用するようになる。その頃には価格も下がり、消費者は知らないうちに新テクノロジーの恩恵にあずかっているだろう。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Ichiro Mizoguchi
XPが動いている古いPCでもある範囲の利用には耐えられるってことも大きいんじゃないかな。PC自体を入…
TATSU
スマートウォッチが丸か四角かなんてどうでもいいことだ。そんなことは問題じゃない。さらにそんな小さな画…
Aheahead
現段階では便利な道具というよりは面白ガジェットだと思うので、丸い方が新鮮で良いかな、と思います丸い画…
Hitoshi Anatomi
iPhoneのように生体認証でもパスワードでもロックを解除できるような仕組みにしておいて「これでパス…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 119 other followers