%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%80%81LinkedIn%20Today%E3%81%8C%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%81%E2%80%95%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%8B%E6%9C%89%E6%9C%9B%E3%81%A0

ソーシャルビジネスニュース、LinkedIn Todayがローンチ―なかなか有望だ

IPOを控える成功したウェブ企業が栄光にあぐらをかいていないで、説得力ある新しいプロダクトをスタートさせるというのは好感が持てる。今日、LinkedInはソーシャルなビジネスニュースサイト、LinkedIn Todayを公開した。といってもLinkedIn はTwitter、Facebook、あるいはFlipboardと競争を始めようとしているわけではない。そうではなくて、ソーシャル版のWall Street Journal を目指そうということらしい。

出来栄えは、というと、一見したところではなかなか良い。現在のトップ記事は、まずLinkedIn Todayがスタートした告知(まあこれはしょうがない)、人気ゲーム、Angry Birdsの開発元、Rovioの$42M(4200万ドル)の資金調達、 Eric Schmidtの商務長官就任の噂、SXSWがらみのニュース等々だ。こうした記事はもちろんTechmemeにも掲載されている。しかしLinkedIn Todayの強みは個別業界のニュースが詳しく収集されているところにある。

ここで概要を紹介しておこう。LinkedIn Todayを開くにはLinkedInにログインしてMoreからドロップダウン・メニューを開き、News betaを選べばよい。するとデフォールトで個別ユーザー向けにカスタマイズされたページが表示される。カスタマイズはユーザーのプロフィールと友達関係に基づいて行われる。たとえば、私のページにはインターネット、コンピュータ・ソフトウェア、オンライン・メディアとデザイン、などの行快が表示されている。ユーザーは手動で、たとえばベンチャーキャピタルなど、業界を追加することができる。また特定のニュースソースを指定することもできる。

トップページに表示される記事やその業界の選択は、その記事がユーザーの友達の間で、LinkedInあるいはTwitter上で共有された回数に基づく。ユーザーはLinkedIn Today上で記事を保存したり共有したりできる。LinkedInがiPad版を作れば、有力なニュース閲覧アプリになるだろう。Flipboardは楽しいが、ビジネス情報の収集はLinkedInTodayだ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

【公式】SHAKE100 運営チーム
お越しいただきありがとうございました!SHAKE100運営チームです。Facebook(…
Hitoshi Anatomi
屋外利用時の他人受容率がほぼゼロになるような閾値で運用した時の本人拒否率が問題ですね。これもほぼゼロ…
Ichiro Mizoguchi
みんながALSのことをこれで認知するだろうから、今後は、『継続的な支援』につながる取り組みに変貌して…
tot
<おひまな人は、原文の(150近くある)コメントの、最初のコメントと、それに対する最初のrep…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 118 other followers