5歳の誕生日を迎えたTwitter。素晴らしい成果を残してきたが、内部にはまだまだ宝の山が埋もれている

次の記事

iPad 2、金曜日から25ヵ国で発売開始

Twitterの誕生日(3月21日)、起きてみるとストリームがティーンエイジャーの誕生日を祝うFacebook Wallのようになっていた。曰く「ハッピーバースデー、Twitter!」、「最愛のTwitter、どうぞ誕生日を楽しんで」、「もう5歳だなんてはやいものだね!」などなど。テック業界内外、セレブ、Twitterの社員などなど、あらゆる人の祝福メッセージであふれていた。

もちろんこちらにも誕生日を祝う気持ちはある。Twitterが素晴らしいものであることはまったく否定しない。世界を変えるツールであるとまでは思わない人も、テック業界への影響度や、情報の生成ないし消費のスタイルに影響を与えたということを否定する人はいないだろう。そしてTwitterによる変革は今後もまだまだ続いていく。期待もこめて私からもhappy birthday, Twitterと言っておきたい。

そして誕生日のお祝いが済んだら、ぜひ仕事に戻ってもらいたいと思うのだ。

Twitter自身による誕生日を迎えたことについてのブログ記事や、同社エンジニアによる記事を見れば、Twitterが全力で根本的な変革を加えてきたことがわかる。

たとえば共同創立者のBiz Stoneは次のような記事をwrites書いている。

Twitterは今や400名以上のフルタイム作業者を抱えています。そして去年だけを見ても安定性とパフォーマンスの面で大きな進歩を刻むことができました。この土台に基づいてイノベーションを継続していくことができ、そして利益を生むビジネスを構築することができるようになってきているのです。Twitterは今後5年間もサービスを安定的に提供し、そして重要な人との繋がりを継続的に提供できる体制となりました。

エンジニアリング部門おヘッドであるMichael Abbottも次のように書いている

昨年9月、私たちはTwitter史上もっとも大きなエンジニアリング面でのチャレンジに取り組みました。その成果として、今後数年間にわたり提供されるTwitterのサービスに大きなインパクトを与えることができただろうと感じています。私たちは増大するトラフィック要求に対処しつつ、根本的な部分に変更を加える作業を行ってきました。これにより利用者の方や開発者の方々に対する信頼性を確保することができるようになりました。そしてさらに、安定したサービスに基づいた新たなプロダクトを提案することも可能となったのです。

Abbottの記事には20テラバイトにも及ぶツイートデータを、2度に渡って移動させなければならなかった苦労話などが具体的に記載されている。作業のおかげで、Twitterは「終の棲家」にたどり着いたと言えるだろうということが記されている。

もちろんこれは良いニュースだ。基礎が整ったことにより、数年にわたって無視されてきた重大プロダクトに取り組むことができるようになるわけだ。その重大プロダクトとは「検索」と「アーカイブ」だ。

今となっては信じられないことだが、初期のTwitterには検索機能がまったく存在しなかった。代わりにBetaworksからSummizeというスタートアップが登場してきて、登場間もない2008年夏にTwitterによって買収された。そしてサービスの名称がTwitter Searchと変更された。検索に取り組む第一歩として、まずこの出足は好調であったと言って良い。

しかしTwitter Searchは、登場以来ほとんど何の変更も加えられてこなかった。キーワードを入力すると、そのキーワードを含むツイートを新しいものから順にリストアップするという機能しかもっていない。リツイート回数の多いツイートを丈夫に表示するというような些細な変更は行ってきた。しかしTwitterは大いに成長し、既にTwitter Searchのような単純な方式は機能しなくなってしまっている。

実際のところ、2009年にFacebookにより買収され、以来基本的に何の改善も行われなかったFriendFeedの方がはるかに便利な検索ツールを提供していた。FriendFeedでは自身のツイートや、特定グループにおけるツイートを検索することができるのだ。

もちろんTwitterにも検索に関するアドバンストオプションがあるにはある。しかしこれはTwitter本体とは独立したTwitter Searchサイトにて実装されているもので、人目に触れにくくそして利用者もほとんどいない。既に2年前に感じられたようなインパクトももっていない。

さらに悪いことに、検索は5日前までのツイートに限定されているというのもひどい。繰り返して言っておくが、なんと検索できるのは5日前までのツイートに限られているのだ。これはなんともはや馬鹿らしいことではないだろうか。

Twitter側は理由として「リアルタイム性を反映した」検索機能を提供するためだとしている。Twitterの本質から考えれば、確かにそういう意見もあり得るだろう。しかし技術的な観点から制限を加えていたという面もあるだろう。ここしばらくの努力により、技術的な制限はあまりなくなってきているようだ。であるならば検索機能を進化させても良い頃だろうと思うのだ。

TechCrunchでは2009年から検索エンジンとしてのTwitterというあり方について記事を掲載してきた。しかしTwitter側の明確な方針というのは現れてこなかった。状況が改善されるかのような情報が流れたことがあったが、まだまだ多くの人の要望に応える形とはなっていない。今こそまさに前進する時期ではないかと思うのだ。

また、アーカイブという側面で見ても未開拓な宝の山が存在する。もちろんアーカイブなどしておく必要のないツイートもあるだろうが、それでもアーカイブの重大性は変わらない。過去に渡って自分が何をツイートしたのか、あるいは他の人が自分に向けてどのようなツイートをしたのかを閲覧できないというのはひどい話だと思う。こうした情報にフルにアクセスできるようになれば、Twitterはさらに便利になると思うのだ。

また、Twitterが過去のツイートを機能的にアーカイブして、ある特定の時期にどのような物事についてツイートしていたかなどが見られるようになれば素晴らしい。あるいは日記風に過去のツイートを表示してくれるというような機能も面白そうだ。こうしたことにはサードパーティーも取り組んでいる。しかしTwitterは内部にすべてのデータを抱えているわけで、より簡単にこうした機能が実現できるのではないだろうか。

ちなみに、Foursquareには「履歴」というページがあって、これはなかなか面白い。Foursquareは履歴情報に基づき、特定の施設に最期にチェックインしたのはいつかといった面白い情報を提供してくれている。Twitterでも過去のツイートに基づいてFoursquareと同様のサービスを提供してくれれば良いのにと思う。

Twitterは過去に発せられたすべてのツイートを保存している(先にも書いたが20テラバイトにも及ぶデータだ)。しかしほとんどの情報はそのまま死蔵されている。そうしたデータを活用する方法はいくつもあるはずだ。特段の機能を用意しなくても、ノスタルジーにふけるのにも役立つではないか。

Twitterが外部の人の要望に耳を貸すかどうかはわからない。但し同社は収益化の方向に向かって歩みを進めている。重要な役割を担っているPromoted TrendsやTweetsでも重要な役割を担っている検索機能については、徐々に改善されつつある。しかしより便利な機能を実装することもできるはずだ。

アーカイブについては検索ほど直接的な利益には繋がらないかもしれない。しかし検索機能と同じようなマネタイズの方法があるに違いない。もしそうした道がすぐに見つからないにしても、過去のツイートすべてを便利に閲覧することができるのなら、喜んで年間20ドルの利用料を払おうとする人もいるはずだ。

他にも位置情報関連の強化なども望まれている。Twitterは2009年に位置情報サービスの提供に乗り出している。しかし噂によれば関連チームは解散させられ、今では別のプロジェクトに従事しているそうだ。

さらに、注釈機能(アノテーション)を実現するという話もあった。TechCrunchでも取り上げ話題にもなったが、結局はそこで止まってしまっている。現状は無期限延期という状況になっている。このプロジェクトも復活させることができるのではなかろうか。

最期になったが、誕生日を迎えたTwitterには心からおめでとうと言いたい。おかげでこの5年間は非常に楽しいものだった。Twitter社がおさめた成功についてもわがことのように喜んでいる。そして今、まさにベストな時にいるのではないかと思う。ケーキを食べて新しい仕事に取り掛かるタイミングだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中