[Teclosion] 最優秀賞はWondershakeに決定

次の記事

ニューヨーク市が4月16日を祝日「Foursquareの日」と制定

今日開催されたTeclosion2011の初代最優秀賞者はWondershakeに決定した。おめでとう!並みいる強豪サービスを押しのけて最優秀賞をとったことももちろんだが、彼らが最初から世界をターゲットに展開を考えていることは、今、震災を経験してさまざまな活動が停滞しているなか、非常に勇気づけられた。ありがとう!

Wondershakeは自分のいる場所を中心に興味のあるユーザーを探し出してコミュニケーションをしようというサービスだ。今年のSXSWで注目されたyobongoや巨額の投資で話題のcolor、頓智・のリリースしたDOMOなど、フォローやフォロワーといった関係性ではなく、位置を起点にしたあらたなソーシャルグラフの形成は最近急激に注目を集めつつある。

Wondershakeのサービス詳細は後日お届けするとして、その他にも優秀賞や審査員特別賞に並ぶサービスはどれも個性的かつ、将来性の高いものだった。下記に受賞者を掲載しておく。

最優秀賞:Wondershake

優秀賞:zaimmosoMidnetLivlis

審査員特別賞
オープンラボ賞:Moso
評価:気軽に動画が作成できることを評価。次世代の動画プラットフォームになるのでは。

KDDI賞:zaim
評価:目から鱗がでた。単なるチェックインでもソーシャルだけでもない。新しい体験を与えてくれる。