Tapjoy

Appleが景品付きアプリダウンロードを締め付けへ

次の記事

オープンな場所データベースFwixがデベロッパ向けAPIを一新

【抄訳】

TapjoyやFlurryなど、iOSデベロッパに好かれている数多くのモバイル広告プラットホームにとっては、悪いニュースだ。Appleは、インセンティブ付きダウンロード(景品付きアプリダウンロード)の閉め出しを開始した。つまりこれからは、App Storeの人気に乗じることが、きわめて難しくなるのだ。App Storeに提出したアプリの中にそういう提供企画があると、そのアプリは拒絶される。根拠はデベロッパガイドライン3.10への違反だ。

しかし、iPhoneのアプリケーションをたくさん使ったことのある人はご存じのはずだが、インセンティブ(景品)付きダウンロードの提供企画に出会うことは、とっても多い。だいたいこれ的なことが書いてあって: 「これらのアプリのどれかをインストールするとゲームのコインを10枚差し上げます」、アプリをダウンロードすると仮想グッズやゲーム内の通貨を無料でもらえるのだ。しかもクリックしてダウンロードしてインストールするだけだから、とても簡単だし、それでゲーム内の金貨を10枚ももらえたりする。

それはデベロッパにとっても、都合がいい。Tapjoyなどにアプリを宣伝してもらうと料金を払うが、提供企画(広告)を載せたアプリ側もその一部をもらう。しかしそういう提供企画広告が、Appleにとっては頭痛のタネのようだ。

インセンティブ付きのアプリインストールはあまりにも広く普及しているから、iPhoneアプリの人気ランクに影響を与えているかもしれない。つまり、インセンティブ付きのインストールの宣伝にたくさんの費用を投じたアプリが、(景品の魅力で)立ち上げ時にトップテン入りすることもありえる。ダウンロード数が多ければその費用は報われ、広告費を払えるお金持ちのデベロッパ(企業)がますます上位人気を独占する。

インセンティブ付きで宣伝されているアプリのダウンロードが増えても、Appleには一銭も入らない。これも、締め付けの理由かもしれない。アプリの売上なら30%を取れるが、このモバイル広告ネットワーク+アプリデベロッパの閉じた関係に、Appleは割り込めない。

Appleによる締め付けは、大きな影響を及ぼす。インセンティブ付きダウンロードはビッグビジネスに成長しており、有名なiOSデベロッパの多くが自分のアプリにそれを組み込んでいるからだ。Tapulous(Tap Tap Revengeのメーカー)、Groupon、Playdom、Pinger(テキスティングと音声アプリで大成功)などなど、みんなそうだ。Tapjoyは2100万ドルを調達したばかりだが、この仕組みの成功が投資誘因の一つだったことは確かだ。

このニュースが、Appleがアプリケーションのランク付けのアルゴリズムを変えたという報道の翌日なのは、偶然ではない。新アルゴリズムは、App Storeを経由しないダウンロードを、数えないようにしたのだろう。

Appleによる今回の締め付けは、意外ではない。しかし、この独特の広告形式はこれまでずっと認められていたのだから、唐突なやり口はデベロッパや広告プラットホームを怒らせるだろう。アプリケーションはApp Storeが認めたものに限る、というAppleの方針に触れることは最初から分かっていたはずだし、Tapjoyなどはそれを、秘かに隠れてやっていたわけでもない。

Tapjoyによれば、閉め出しに際してAppleからの事前通知はなかったそうだ。

以下は、このニュースに関するTapjoyの声明だ:

[以下英文ママ]

As you may have heard, a number of applications submitted for update have very recently been rejected from the Apple App Store based on the fact that they were running incentivized app installs within their apps. This is something new from Apple and we, along with every partner we’ve talked to, were unaware of this prior to these notices of rejection. Like many application developers, we have reached out directly to Apple and look forward to clarification.

To be clear, there is no new Apple policy that we are aware of. It seems there may be a new interpretation of the existing 3.10 clause, which is a bit surprising, as Tapjoy, AdMob, iAd, Flurry, W3i and others all power various forms of app install advertising. Many of the brands that promote their apps via Tapjoy also do the same on other major ad networks across the mobile advertiser ecosystem, and all of the apps we promote on iOS are Apple-approved. 3.10 reads:

3.10: Developers who attempt to manipulate or cheat the user reviews or chart ranking in the App Store with fake or paid reviews, or any other inappropriate methods will be removed from the iOS Developer Program

Unfortunately, we believe much of this is caused by misconceptions around pay-per-install, the free-to-play model, cross-app promotion and their collective value to the ecosystem. We believe there are significant benefits to the advertiser (only pay for what you get), the publisher (monetize users who otherwise wouldn’t pay), and perhaps most importantly to the users, who not only get to discover new, exciting applications, but receive what is essentially a coupon for ad-funded virtual currency inside one of their favorite apps. All of this, of course, adds up to value for Apple as well, by creating a viable and thriving ecosystem.

Tapjoy has been and continues to be very supportive of the Apple app ecosystem, and we were not surprised about the Top Free & Paid rankings algorithm changes – we’re all for incremental changes that add to the user experience and keep the environment dynamic. But banning the largest and most effective channel for application distribution, engagement and monetization has a significant and long-term negative impact on the user experience, developer innovation and advertiser utility.

As the market leader in application distribution and monetization of free-to-play games, Tapjoy is currently coordinating with a number of our developer partners, as well as others in the market, to get a clear understanding of the issues and to continue to partner with Apple to meet their needs, along with those of app advertisers, developers and users.

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))