Y Combinator、またもヒット―わずか11万8000ドル投資したWuFooが3500万ドルで買収される

次の記事

Apple、ついにアメリカ市場で白いiPhone出荷開始へ

オンライン入力フォームなどというのはあまりドラマチックなサービスではない。しかしユーザーに個人情報や支払い方法を登録させる必要があるサイトにとってはなくてはならない存在だ。

今日(米国時間4/26)、SurveyMonkeyはオンライン入力フォームを提供しているスタートアップ、WuFoo を$35M(3500万ドル)で買収した。支払いはキャッシュと株式で、買収金額はある情報源に確認済みだ。

この買収で驚くのは、WuFooもまたY Combinator卒業生だという点だ。同社は2006年に、わずか$118,000のエンジェル資金でスタートした(現在Y Combinatorのパートナーの一人となっているPaul Buchheitも投資した)。WuFooはその後2度と資金調達の必要に迫られなかった。 3年後には入力フォームに代金支払プロセスを統合するなど機能の改良を続け、今や$100M(1億ドル)の支払いを処理するまでに成長している。

SurveyMonkeyは最近熱心に買収を進めている。WuFooに先立って最近、ClickTools、Precision Pollingを手に入れたばかりだ。SurveyMonkeyは昨年11月に$100M(1億ドル)の資金を借入れで調達しており、十分な資金がある。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01