ソニー、プレイステーション・ネットワークへの外部侵入を認める―クレジットカード情報を含む個人データ漏洩のおそれ

次の記事

Yammer、ついにiPad版ネイティブアプリケーションをリリース(動作も快適)

ソニーのプレイステーション・ネットワーク(PSN)が4月21日からダウンしている件で、ソニーがとうとう状況についてコメントした。

ソニーによると、4月17日から4月19日にかけて行われたPSNとQriocityサービスへの違法な侵入の結果、ユーザー・アカウントの情報の一部が漏洩した疑いがあるという。

その内容には住所、氏名、生年月日、PSNへのログイン・パスワード、PSNハンドル名、パスワード保護のための秘密の質問の答えが含まれる。またクレジットカード情報にも漏洩の疑いがあるという。ソニーは「現時点でクレジットカード情報が盗まれたという明確な証拠は得られていないが、その可能性を排除することもできない」とのこと。大変だ。

プレイステーション・ネットワークが長時間ダウンしたままになっている理由について、さまざまな推測が行われてきた。ソニーはネットワークに脆弱性を発見したため、違法な侵入者がゲームや映画などのコンテンツを盗むのを防ごうしているというのが有力な説だった。しかしどうやら事態はそれよりもはるかに深刻なようだ。もしクレジットカード情報を含む上記のような情報が盗まれているとすれば、侵入者は簡単に正規のユーザーになりすましてコンテンツを買うことができる。しかしソニーはデータが漏洩したかもしれないことを公に認めるまでになんと1週間も黙っていた。ワンダフルな対応だ。

ソニーはユーザーに対して「クレジットカードによる購入履歴に注意を払うよう」呼びかけ、詐欺の疑いがある場合のアメリカでの通報先を揚げている。またPSNネットワークへのログインパスワードと同じパスワード(と秘密の質問の答え)を他のサービスでも使っている場合は、それらをただちに変更することを勧めている。

ソニーは(ユーザーがまだ使うつもりなら)PSNサービスは1週間以内に復旧させるつもりだと述べている。

〔ソニーの日本ユーザー向け障害情報

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01