ついにゲームセット: Appleは時価総額, 売上に次いで利益でもMicrosoftを抜き去る

次の記事

Android携帯のGoogle Talkにビデオチャット機能が–やっとFace Timeと互角に

つい1年ほど前に、AppleがMicrosoftを時価総額で抜いたとき、MS教信者たちは大声で叫んだ: 何の意味もないね、売上を見てみろ! 昨年10月に、AppleがMicrosoftを売上で抜いたときは: どうでもいいね、利益を見てみろ! さらにその後を見ていると、本誌の予想では、今四半期にはAppleは利益でもMicrosoftを抜くだろうと思われた。

そして案の定、そうなった。あっけなく。

MicrosoftはQ3 2011の決算を今日(米国時間4/28)発表した。良い数字が並んでいて、アナリストたちの予想を上回った。しかし、純利益は$5.23B(52億3000万ドル)で、Appleの前四半期の$5.99B(59億9000万ドル)に対し、かなりの差を付けられた。

昨年10月の時点では、Appleは売上でMicrosoftを抜いたが、利益はMicrosoftのほうが11億ドル上回っていた。前四半期ではしかしその差が、約6億ドルに縮まった。そして今回は、驚くべきことに、7億ドルという大差で順位が逆転した。…つまり、1四半期で13億ドルの揺れだ。この傾向が、今後もおそらく続くのだろう。

そして売上は、Appleは$24.6B(246億ドル)、Microsoftが$16.43B(164億3000万ドル)だから、およそ80億ドルの大差だ。時価総額は$318.45B(3184億5000万ドル)対$224.43B(2244億3000万ドル)で、ほぼ1千億ドルの差である。

時代は変わった。

[画像の出典]

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

“ついにゲームセット: Appleは時価総額, 売上に次いで利益でもMicrosoftを抜き去る” への29件のフィードバック

  1. Matsuo Hiroya より:

    iphoneの効果って凄いですね!

  2. sutta shimada より:

    MicrosoftがAppleより優れているところ?いっぱいあるよmouseとかmouseとかmouseとか。

  3. sutta shimada より:

    MicrosoftがAppleより優れているところ?いっぱいあるよmouseとかmouseとかmouseとか。

  4. Tuoch より:

    マイクロソフト社がマックのOSを真似た時からすでにデザイン・OSはマックのものでした。
    iPhoneのOSを真似たGoogle Androidもそうでしょう。

  5. じん より:

    Appleには哲学が見えるけど、MSにはそれを感じないんだよね。

  6. スティーブ・ジョブズの力は凄いなぁ

  7. スティーブ・ジョブズの力は凄いなぁ

  8. 匿名 より:

    当然の結果じゃないかなと。

  9. アポーすげぇな

  10. Mino1226 より:

    よくアップルの技術は既成の技術の掻き集めだと。でもその1つ1つがとてもバランスが良くてそれが新しい技術になる。それはもうりっぱな新しい技術なんだよ。後追いしかできない会社は悲しいね。悔しければアップルがやる前にやればいいじゃん。でもそのが出来ないからWindows~搭載とか、インテル入ってるとか、今度はアンドロイド搭載ってか? 自分の製品を売るのになんで他社の宣伝をしないとてめぇの会社の製品が売れねぇんだよ。情けなくないか? とくに日本の会社、SO**、NE*、Fuj*、 To*、とか携帯のa*さんとか。特にa*さんはスマートフォンなんて一時的なブームだとさえ言ってたよね。そのブームに乗り遅れてアンドロイドa*なんて宣伝を始めちゃって呆れるよ、ほんと。ただのコピーキャットじゃねぇか、オリジナリティとか、独自性はゼロ、ちょっとは自分たちで考えろよ。

    • Asfd より:

      >ちょっと自分で考えろよ。
      その結果がガラケー

      日本人がハードからソフトまで一貫した快適なソリューションを提供するのはもう無理かもな。
      昔はソニーがそのポジションに残ると思ったけど、現実は見てのとおりだ。

      • ソニーはユーザ無視で、自分達の都合優先だったからなぁ・・・
        もっとユーザの方を向いて、ハードからソフトまでゼロから使いやすいシステムを作ってくれることを期待しているよ。

        ちなみに、ハードからソフトまで一貫は、目的ではなく手段!!!
        一貫して作った方が良い物が作れるなら、そうした方がいいが、そうでないなら意味が無い(ソニーのように)

      • ソニーはユーザ無視で、自分達の都合優先だったからなぁ・・・
        もっとユーザの方を向いて、ハードからソフトまでゼロから使いやすいシステムを作ってくれることを期待しているよ。

        ちなみに、ハードからソフトまで一貫は、目的ではなく手段!!!
        一貫して作った方が良い物が作れるなら、そうした方がいいが、そうでないなら意味が無い(ソニーのように)

  11. 売上を比べても業種が違うので意味がないと思っていたが、利益で抜いたというのはすごいな。でも利益率はどうなんだろ、ソフトウェアがメインのMSが利益率で負けるとなると・・比べることに意味はないか(^^;

    比べて意味があるのは、やっぱり時価総額でしょ。
    ある意味、将来性でMSよりもAppleの方が上だと思っている人が多いってことの証だからね。

  12. 売上を比べても業種が違うので意味がないと思っていたが、利益で抜いたというのはすごいな。でも利益率はどうなんだろ、ソフトウェアがメインのMSが利益率で負けるとなると・・比べることに意味はないか(^^;

    比べて意味があるのは、やっぱり時価総額でしょ。
    ある意味、将来性でMSよりもAppleの方が上だと思っている人が多いってことの証だからね。

  13. Darkpent より:

    うちの会社もデザイナーにはMacを与えてくれないかしら?Windwosって使いにくいんですよねぇ…

  14. ゴク より:

    OSに関して言えばシェアはほぼ独占状態で新規顧客が期待できない上にユーザーがXPで満足して買い替え需要が期待できない。トップに立ったが故の悩み

  15. […] MicrosoftはQ3 2011の決算を今日(米国時間4/28)発表した。良い数字が並んでいて、アナリストたちの予想を上回った。しかし、純利益は$5.23B(52億3000万ドル)で、Appleの前四半期の$5.99B(59億9000万ドル)に対し、かなりの差を付けられた。昨年10月の時点では、Appleは売上でMicrosoftを抜いたが、利益はMicrosoftのほうが11億ドル上回っていた。前四半期ではしかしその差が、約6億ドルに縮まった。そして今回は、驚くべきことに、7億ドルという大差で順位が逆転した。…つまり、1四半期で13億ドルの揺れだ。この傾向が、今後もおそらく続くのだろう。 そして売上は、Appleは$24.6B(246億ドル)、Microsoftが$16.43B(164億3000万ドル)だから、およそ80億ドルの大差だ。時価総額は$318.45B(3184億5000万ドル)対$224.43B(2244億3000万ドル)で、ほぼ1千億ドルの差である。時代は変わった。 http://jp.techcrunch.com/archives/20110428apple-microsoft-profit/ […]

  16. 匿名 より:

    これで、Apple信者がまた増えるわけか・・・。

  17. 星野真志 より:

    だが結局コンピューティングで最重要項目の1つであるサーバがアップルにはない。MSにないのは携帯できるレベルシンプルなOS。どっちの市場がでかいか、もちろん後者だが、だが、HPのケースがある。オラクルはSUN買った。だがHPは買えなかった。HPはサーバでは絶対強者の1社だ。どちらが生き残るかはセグメントが違うから一概には言えない。

    • 匿名 より:

      ありますけど・・・。まっ、企業がガンガン使っている話はあまり聞かないけど。http://www.apple.com/jp/server/macosx/

  18. バランスのとれた、統制されたプロダクト。これを生み出せるのはトップ陣営が優秀であるから。日本にないのはこういうバランスをとるトップ層であって、実現能力をもつミドル層以下は溢れてる。結局体の良い、2番手体質なんだな。使ってくれる人を待つ、下請け体質。

  19. ryo-amuro より:

    アップルは特異な会社?珍しい?  CEOが独断的で、(独創的とも云うが)かなりの判断をになっている。

    あなたの職場のイヤな奴。より    “クソッタレ”とよぶに値するのはどんな人間だろうか?

    グーグル・ヒットNo1はスティーヴ・ジョブス。
     
     出来ることなら、私はこの章を書きたくなかった。しかし、親しい友人たちに云わせると、これは“必要悪”なのだそうだ。
    「クソッタレの優れている点もきちんと書かなければ、君の本は子供っぽい理想主義を掲げただけの甘っちょろいものになってしまうぞ」と彼らは云う。しかも、クソッタレだからこそ成功した有名人はたくさんいるじゃないかと云って、具体的な体をどんどん挙げはじめるのである。
     誰もがその例のトップに挙げるのは、アップル社のCEOであるスティーヴ・ジョブスだ。
    ググったら、ヒットした項目数は8万9400にも上った。
      
      昔、アップルの社員で独立した会社があった。OSとして、御存知の方もいらっしゃるでしょう。
    その名は、BeOS。   PowerPCの低い性能でフォトショップを軽々と動かしていたとか。
    でも、そのあとは確かケータイに採用されたぐらいで、その後は知らない。優れていたら必ず売れるとは限らない、の典型であろう。

    クソッタレ・バッジ  ADMITTING YOU’RE AN ASSHOLE IS THE FIRST STEP

    例えば、知り合いのあるマネージャーは、コンピュータ会社のNeXTでジョブスが怒りを爆発させた時のことを、当の事件があった数日後に話してくれた。
     その時ジョブスが腹を立てたのは、NeXT社が新しく導入した業務用のヴァンだった。なんでも、そのヴァンのボディの白が、製造工場の塗装に使われているペンキの白と微妙に違っていたのが気にくわなかったらしい。ジョブスは怒り狂い、周囲の者を大声で怒鳴りつけはじめた。このため、NeXTの製造責任者は、貴重な時間ばかりでなく、何万ドルもの無駄な経費を掛けて、全てのヴァンを工場のペンキと全く同じ白で塗装し直した。
     ただし、こうした経験談を話してくれた人たちは、「ジョブスほど想像力豊かで、決断力があり、説得力のある人物は他にはいない」と口を揃える。ジョブスが部下から驚くほどのやる気と創造性を引き出すことは、衆目の一致するところだ。
     ジョブスの癇癪と暴言は周囲のスタッフの神経をすり減らすし、中には会社を辞めていく者も多い。しかし、そうした激しい気持ちと強い意志ーーーーとくに、完璧を追い求める姿勢と、美しいものを作ろうという飽くなき欲望ーーーがあったからこそ、今の成功をつかんだとも言える。そのため、ジョブスを心から軽蔑している者さえもが、「クソッタレのなかには、性格の悪さを帳消しにするだけの才能のある奴がいる。ジョブスがそのいい証拠じゃないか」というほどだ。

    この意味で、かなり特異的な会社、と言えよう

  20. Siniti Yamanobe より:

    Mac OSXとiOSのシェアが大きくないのにトップ競う位置にいられるのは、ソフトとハードを融合させた商売がうまくいっているから。少なくても失敗でないあり方なのに分けたり、開放したりしろっていう意見の意味が分からない。

  21. 1990年代半ば、あまりのWindos3.1〜95の勢いに、ホンキでMacからWinに転向しようかどうしようかと悩んで、それでも捨てきれずにMacユーザーを続けた自分としては、非常に感慨深い。
    でも、AppleもMicrosoftも最大の戦略資産は創業者だということがはっきりしている訳で(特にApple)、Jobsが本当に去るその日が来たら僕の生活もイロイロと変わるんだろうな、とは思う。
    #信者です、ハイ。

  22. Hiパンヤー より:

    appleはなんせかっこいい
    msの窓はなんせパクリ
    ジョブスの先進性はまだまだ世の中便利にしてくれるに違いない

  23. Aiouieooio より:

    この手の記事飽きたわ。なんでいちいちMSに絡んでくるの?w
    デザイン関係はMacが楽なのはわかるけど
    そもそも一般のOS対決ならMS完全勝利で答え出てるじゃん

    Appleもハードで業績伸ばしてるだけだし比較がおかしい
    Apple vs SONYとかモバイルならvs GoogleやAndroidとかだろ

    • さらばニセモノ。。。 より:

      だって、Microsoftて、Appleの劣化コピーなんだもん。。。

      (元々、MacのソフトだったExcelのインターフェースをMicrosoftが真似るという契約を故意に拡大解釈してOSまで丸パクリして今に至る。。。というのがウィンドウズの正体)

      だからAppleユーザーはみんなゲイツがキライなんだよ。。。ヴィトンとかロレックスのコピー商品作ってる会社が、オリジナルより儲けてたら誰だって怒るでしょ。

  24. Abc より:

    稼ぎまくるAppleに信じたい未来は、その儲けた金でより良い製品をもっともっと沢山産み出していって欲しい事。
    体力が増えた分、よりクリーンで独創的・確信的で、他から尊敬される企業に成長して欲しい事。
    稼ぐだけ稼いで姿を消したり、私腹を肥やすだけだとしたら、それはとても残念な事。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在382人フォロワーがいます。