[jp]東京からもZaarlyのようなプロジェクトは出るかな?――Startup Weekend Tokyoがまもなく開催

次の記事

Google I/O: タブレットや携帯電話にいろんなデバイスをつなげるAndroid Open Accessory Toolkit

週末に開発者やデザイナー、プランナーたちが集まり、アイデアを具現化してプロトタイプまで創り上げる――。TechCrunch Japanでも過去にも記事にしているし、世界各都市で開催されいているレポートがたまに掲載されているので知っている人も多いと思うのだけれど、Startup Weekendは起業やビジネスに興味を持つ開発者やプランターたちが集まって、プロトタイプを創り上げて、最後はプレゼンテーションで競うというのをたった週末の54時間でやりとげてしまうイベントだ。このStartup Weekendが東京でまた開催される

アイデアを持っているけれど、いますぐ起業をすることに躊躇をしている人たちもいるだろう。Startup Weekendはそんな人たちにとってもうってつけのイベントだとStartup Weekend Tokyoを主催するJonny Li氏は僕に教えてくれた。起業する仲間を見つけるのも大変だし、本気でビジネスを始めるのには相当な気力が必要だ。だから、自分のアイデアを磨いてプロトタイプまで作るところまででも週末にやってみればいいということだ。Startup Weekendはコミュニティなので、週末3日間の体験をとおして出会った人とあとで起業するなんてこともあってもいいのかもしれない。そういう出会いの場としても機能するというわけだ。

今年の2月にアトランタで開催されたStartup Weekendでコンペに優勝したZaarlyは、その後およそ1カ月でVCやエンジェル(中にはアシュトン・カッチャーも)たちから100万ドル(!)を調達したというから、そのレベルや米国の熱狂ぶりも含めてすごいものがあるが、東京でもそんなレベルになることを目指して行きたいとはLi氏の弁だ。

ビジネスプランコンテストではないから、実際にものを作るところまでやるし、ハッカソンではないから開発者でない人も参加する。逆に言えば、アイデアをもっていないけれども新しいビジネスに興味を持っているエンジニアにも大きな価値がある。

次回は5月20日の金曜日からの3日間で開催ということで、締切りが間近なので早めに応募してほしいとのことだ。当日はもちろん僕も見に行く予定だ。詳しくは下を見てほしい。

Startup Weekend Tokyo
開催日時: 2011年5月20日18:30-5月22日18:00
参加費:当日券10,000円、前売券7,500円(すべての食事が含まれます)
開催場所: Open Network Lab(東京都渋谷区恵比寿南3-5-7 代官山DGビル)
※どんな人が参加するのか(すべきなのかは)ここにある基本事項を見るといい。