新たなFacebook対抗馬Altlyが登場–Diasporaと違って人脈と金脈に恵まれていそう

次の記事

グループ支払いサービスのWePay、チケット販売プラットフォームを追加

ちょうど1年前の今ごろ、DiasporaがKickstarterで資金集めを開始した。彼らはほんの数週間で、6500人近い支持者から20万ドルを調達した。なぜ、それほど騒がれたのか? それは、DiasporaがFacebookを過去に追いやるSNSを目指していたからだ。しかしそれは、少なくともまだ実現していない。しかし今度は、同じ課題に挑戦するもう一つのスタートアップ、Altlyが登場してきた。

ではこいつは、Diasopraとどこがどう違うのか? まず、Diasporaが学生たちのプロジェクトだったのに対し、AltlyはVeohのファウンダとして有名なDmitry Shapiro、すなわちベテランの起業家によるプロジェクトだ。Veoh はいい終わり方をしなかったが(7000万ドル近くを調達したが最後は安値で買収された)、でも一時は、オンラインビデオの人気サイトだった。

しかしもっと特筆の価値があるのは、Shapiroが最近までFacebookのライバルMySpaceの役員だったことだ(彼はMySpace Musicを担当)。

そのShapiroが今なぜ、Facebookを敵に選んだのか? 彼はその意思決定について、Altlyのブログにとても長い記事を書いている。とりわけ最大の動機は、Facebookのプライバシー制御が今や混乱の極みであること。そのソーシャルグラフも、混乱そのものだ。しかも大きすぎるし強力すぎる。犬も歩けば棒に当たる、ではなくて、Webを歩けば至るところでFacebookの触手に触れる、の現状。それはイコール、個人のプライバシーに危機が迫っていることだ。しかもユーザのデータはFacebookに閉じこめられている(ユーザに所有権/制御権がない)。

言い換えればこれらは、定番のFacebook批判だ。

でも、この理由はいいと思ったね:

今のところ、FacebookではないSNSを使いたいと思っても、それがない。多くの人が、Facebookに代わりうるSNSを作るのは不可能だ、と信じているからだ。

たしかに、そうだ。上で挙げたDiasporaと、かつては王者だったMySpaceを除いては、Facebookには対抗馬がいない。しかしDiasporaはまだ胎児だし、MySpaceはすでに、Facebookとの戦いに負けてしまった。

そこでShapiroは、こう言う:

Cokeに対してPepsiがあり、Fordに対してChevyがあり、PCに対してMacがある、といった意味での、消費者にとってのSNSの真の選択肢というものが、今はまったくない。Facebookが圧倒的に強力なので、それと互角に戦える選択肢を作ることを、みんな最初から諦めている。

しかもFacebookは、悪辣な手段で今の地位を築いたのではない。これまで、本当に良い対抗馬が現れなかっただけだ。そして欠陥のとても多いFacebookは、一方ではとても良い、そして安定的に運営されている製品なのだ。

だからAltlyの敵は、ほとんど難攻不落だ。そこで、またまたDFJからの支援が必要なのである。

彼らの方針や構想は正しいと思うが、その点ではDiasporaも正しい。問題は、実行手腕だ。もちろん本誌も、至近距離で見守っていきたい。

〔訳注1:ほかに、OpenSocialWebというプロジェクトもある。〕

〔訳注2:Altlyのねらい(上記ブログ記事より):

* Privacy is ULTIMATELY important.–プライバシーの絶対的重視
* We should know EXACTLY who can see what information about us.–情報の公開性をユーザが完全にコントロール
* Control of our information should be in OUR hands, and it should be EXTREMELY easy for us to control it.–情報コントロールの容易性
* WE should choose what information is stored, how long it is kept, and who it is available to.–情報の所在(どこに置くか/あるか)、存在期間、公開相手の完全なユーザコントロール
* Our digital life, our personal information is EXTREMELY valuable, and each of us should not only control who has access to it, but BENEFIT from it.–SNSというものから得られるユーザ利益の増大
* Advertisers should be part of our community, but should NOT have an unfair advantage over us.–広告主の非公正な優遇を断つ
* All of our data should be OURS, and no one else’s. If we choose to leave our social network, we should be able to easily take ALL of our data with us, and COMPLETELY delete all data if we choose.–情報の所有権の明確化(法的に所有権がユーザにあること)
* If other social networks should be developed, they should be able to interoperate with one another.–複数のSNSの相互運用性の実現

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))