オープンプラットフォームのGoogle版おサイフケータイ、Google Wallet発表

次の記事

「今いる場所」で「ソーシャル」を形成するLoKast。「スペース」概念を導入してiOS向けの新版をリリース

われわれはGoogleの巨大なニューヨーク・オフィス(なにしろ1ブロック全体を占めるビルだ)でGoogleの「パートナー発表イベント」に参加している。もっとも誰もが本当はNFC〔近距離無線通信〕イベントであることは知っていた。予想どおり、コマース担当副社長のStephanie Tileniusがステージに登場し、Google WalletとGoogleOffersの紹介を行った。

Tileniusは開口一番、これがオープンプラットフォームとなるることを強調し、明日のショッピング体験を作るために各種支払サービス、キャリヤ、銀行などの参加を求めた。すでに参加を決めたパートナーは、Citi、Mastercard、FirstData、Sprintだという。

Tileniusによれば、Google Walletについては今日から実際のテスト利用が始まり、夏に公式スタートが切られる。予想のとおり、NFCテクノロジーが用いられる。Tileniusは2014年までに50%のスマートフォンがNFCを内蔵するようになると予想した。これは1億5000万台に相当する。

ユーザーはGoogle Walletにどんなクレジットカードでも登録できる(ただし現在利用出来るメジャーカードはパートナーであるCitiに口座を持つMastercardのみ)。「このお財布には鍵がかけられます」とTileniusは述べた。GooglePinの入力を必要する携帯自体のロック、クレジットカード情報の暗号化、クレジットカード番号の一部表示、などセキュリティーはいくつもレベルで守られる。

当面、Google WalletはMastercard Paypassで作動する。つまり世界で30万、アメリカで12万のマーチャント〔クレジットカード利用可能店舗〕が装置的には利用可能ということだ(ただし、直ちに全員が実際に受け付けを開始するわけではない)。当初の実験ではMastercardが発行する専用のプリペイド・カード、“Gcardのみが対象となる。

テスト利用はサンフランシスコ、ニューヨークで開始され、数ヶ月でアメリカ全土に拡大される。

今回のイベントではもうひとつ、Google Offersも紹介された。これはGoogle Walletとシームレスに連携するサービスで、ユーザーはマーチャントからのバーゲン情報をクリックひとつでWalletに保管することができる。店舗でスマートフォンを端末にかざすだけで、その割引が受けられる。あるいは割引情報を表示してしてキャッシャーに提示してもよい。

すでにMacy’s、Subway、Walgreens、Toys R Usなどの大手チェーン店がパートナーに加わっている。当初の実験はサンフランシスコ、ニューでこの夏開始される。

Tileniusは、当初は「本日のお買い得」情報が配信されることになるが、これはほんの手始めにすぎないと強調した。近くチェックイン割引、割引広告(簡単にWalletに保存できるGoogle広告)などさまざまな試みが実施される予定だという。

またこの秋にはWalletにデジタル・レシート機能が実装され、紙のレシートの代わりに(すばらしい!)、Walletが購入履歴を管理するようになる。店舗ごとのデジタル・ポイントカードも準備中だということだ。携帯による支払いへの興味をさらにかきたてるためにゲームの要素を取り入れることも計画されている。

ステージに何人かのGoogle社員が登場して実際にデモを披露したが、システムはスムーズに動作するようだった。しかしここでもGoogleはオープンプラットフォームであることを強調し、「成功のためにはできるかぎり多数のパートナーが必要だ」と述べた。

GoogleはWalletへのアクセスに手数料を課金する計画はないという。またWallet/Offersプラットフォームでは参加者が平等な立場で公正に競走できるよう維持するとも述べた。参加者は街角の花屋から巨大チェーンストアまで、まったく同様の条件でアクセスできるということだ。

最終的にはAPIが公開される。またGoogleはパートナーと共にオープン規格の確立を目指すとしている。ユーザーの選択とセキュリティーを害さない限り、誰でも自由にこのプラットフォーム上での開発が行えるようにするという。

昨日、TechCrunch DisruptカンファレンスでTileniusは「GoogleはNFCに大きく賭けている」と述べた。それに偽りはないようだ。

関連記事はこちらこちら。さらにこの記事も。 Google Wallet On iPhone, WP7, RIM: “We Will Partner With Everyone” (But Will *They*?)

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01