Twitterで人のタイムラインが見えるようになった

次の記事

「Google Walletはオープンプラットフォーム」というものの、iPhone、WP7、RIMの反応は?

先ほどTwitterがちょっと気の利いた新機能を公開した。他のユーザーのプロフィールページへ行き「フォローしている(following)」リンクをクリックすると、その人がTwitterを見ているのと全く同じものを見える。つまり、そのユーザーのメインフィードと同じタイムラインを見ることができる。

これは「発見」の観点からみて理にかなった気の利いた機能だ。もしあなたが、私はTwitterのパワーユーザーですばらしい人をたくさんフォローしているらしい、と思ったら、すぐにその人たちのツイートを見渡して誰をフォローすればよいか考えられる。

これは、ニュース記事に関してNews.meがしていることと似たコンセプトた。News.meでは、誰かのプロフィールを見るとその人のTwitterストリーム上で共有されているリンクを見ることができる(実は、Twitterには以前この機能があったのだが、何年も前にやめてしまっていた)。

かつての「フォローしている人」(そのユーザーがフォローしている人のリスト)は[ストリーム上端の]「ユーザー(People)」タブで見ることができる。さらには「~はあなたもフォローしています(You Both Follow)」セクションもあって便利だ。

ただし、当然ながらフォローしていない相手のプロテクトされたツイートを見ることはできない。もう一点、この機能によって表示されるのは私が見ているものと〈厳密に〉同じではない。私には私自身のツイートも見えているが、それらは私の〈フォローしている〉ストリームからは除かれているからだ(たしかに私は自分をフォローしていないから理にかなってはいる ― もし可能ならフォローするところだが)。

この機能は順次公開中なので、もし見つからなくても心配しないように。もう少し待つだけだ。見えている人のために、これが私の〈フォローしている〉ストリームだ。

アップデート:もう一つ、発見のためのささやかなボーナス。この〈フォローしている人〉ページの右上隅を見ると「シャッフル」アイコンがある。マウスをかざすと「あなたがフォローしているユーザーへジャンプ」(jump to someone you follow)というオプションが表示される。こうして自分がフォローしている人々を渡り歩いて、その人のストリームから新たな人たちを発見できる。
【訳注:英語表記が「someone」になっている通り、フォローしている人からランダムに選ばれた〈誰か〉にジャンプする】

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)