おサイフケータイ非対応Android機でGoogle Walletが使えるようになる専用シール

次の記事

Gmailの「Peopleウィジェット」はメール相手の関連情報を表示する

今われわれはGoogleのNFCイベントに来ている。ここで検索の巨人が新しい戦略製品Google Walletを発表した(本誌の詳しい発表内容記事はこちらで)。Google Walletは今年の夏にスタートする予定で ― 現在フィールドテスト中 ― これを使うとNFC[近距離無線通信]対応端末に携帯電話をかざすだけで、買い物をしたり、特典を受けたり、会員カードの提示などを同時に行える。

もちろん、現在出回っている携帯電話の殆どはNFCに対応〈していない〉(現在このテクノロジーを内蔵しているAndroid機はNexus Sのみ)。Googleはパートナー各社とともに、今後数年のうちにNFCが爆発的に普及すると繰り返していたが、現状はほんの第一歩を踏み出したところだ。しかしGoogleには、旧機種でも、機能の限定されたアプリを使えるようにする計画がある。携帯電話の裏に貼るシールだ。

GoogleのOsama Bedierは、詳細についてあえて明言しなかったが、おそらくこういうことだ。ユーザーは、1枚のクレジットカードと関連付けられた専用NFCシールを買うことができるようになる(同様のシールはすでに存在しているが、今度のシールはGoogle Walletアプリと通信可能と思われる)。どうやらこのシールを使って行った取引はAndroid電話機のWalletアプリに、クラウド経由で伝送されるようだ。Bedierは、NFC内蔵電話機に比べて、ユーザー体験が限定されるであろうと付け加えたが、それでもかなり嬉しい。

この機能は他のプラットフォームにも拡張される可能性があり、GoogleはGoogle Walletのサポート拡大のために誰とでも提携する意向を表明している。

さらには、シールがなくても、Walletアプリを使ってクーポンの管理が可能で、協賛店のレジで見せることができる(SCVNGRとGrouponも、モバイル用アプリで同じようなことを行っている)

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)