Groupon、株式上場を申請―7億5000万ドルの調達を目論む

次の記事

シャキール・オニール、動画共有ツールのToutを使ってTwitter上で引退発表

Groupon CEOのAndrew MasonはD9カンファレンスの壇上でKara Swisherに株式上場について質問され、無言で睨み返すというパフォーマンスで会場の笑いを誘った。Grouponは証券取引委員会にS-1申請書を提出したことが明らかとなった。いよいよ上場手続きの最後の段階に入ったわけで、申請書によれば$750M(7億5000万ドル)の調達を目指すという。

2010の売上は対前年比22.7倍の成長で$713M(7億1300万ドル)だった。 2011年第1四半期の売上は$644M(6億4400万ドル)だ。損益では、昨年$456M(4億5600万ドル)の損失、2011年第1四半期では$146M(1億4600万ドル)の損失を出している。

Grouponには8310万人の登録ユーザーがおり、そのうち1580万人は実際にGrouponを利用して購入している。現在までに7000万件のGrouponが販売されている。内訳は2010年が3000万件、2011年第1四半期が2800万件だ。

上場の幹事証券会社はMorgan StanleyとGoldman Sachs。

巧みに書かれた長文のプレスリリースが発表されている。〔原文参照〕

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01