Windows 8とMac OS Lion、時代は「マウス」を遺物とする?!

次の記事

Financial TimesがAppleのiTunesをバイパスするためにHTML5のWebアプリを立ち上げ

本件については以前にも記事にしたことがある。しかし大勢の人が現在利用している入力デバイス(つまりマウスのことだ)を(必死に)擁護しようとしているようだ。個人的には「マウスは死んだ」と思っている。むろん、まだ死に絶えてはいない。しかし歴史は既に動き出していると思うのだ。反対する人も多いだろう。しかしマイクロソフトが発表したWindows 8のデモビデオを見て「マウスは死んだ」という考えを新たにした。

もっと言うのならば、「マウス」が駆逐されようとしていることを信じない人がいることに疑問を感じさえする。

AppleがMagic Trackpadでマウスに引導を渡そうとしたときに、人々が懐疑的であったことは理解できる。「Appleなんて所詮シェアのないマシンじゃないか」と主張する人が多かった。しかし私たちは、スマートフォンやタブレットの普及により「タッチこそすべて」の世界に移りつつあるのだ。そしてこの「タッチ」操作が従来のコンピュータにも影響を与えつつある。慣れ親しんだ環境をタブレットに導入するのではなく、全く新しい作業スタイルが従来型システムに入り込みつつあるのだ。

それでもPCからマウスがなくなることなんてあり得ないと主張する人もいる。それは間違いだ。来年にもマウスを利用しない操作環境が普及しようとしている。従来型操作スタイルの担い手とも思えたマイクロソフトが、新しい操作環境を導入する陣頭指揮をとろうとしているのだ。

Windows 8でもマウスを使った操作はできるじゃないかという反論があるかもしれない。もちろん操作はできる。しかしそれが使いやすいのかと言えば全く別問題だ。ビデオでの様子をよく見てもらいたい。マウスでの操作が可能ではあっても、タッチジェスチャーを使った操作よりも千倍も難しい操作が必要では意味がない。マイクロソフトも、Windows 8の操作スタイルとして「タッチ」を意識していることを認めているのだ。

エルゴノミクスの観点からマウスを擁護する論者もいる。デスクトップPCをタッチスクリーンで操作するようになるとは考えにくく、したがってマウスは生き残ると主張する立場だ。しかしよく考えて欲しい。タッチ操作は何もモニタを直接操作しなければならないというわけではない。手元にタッチパッドを置いてそれを操作すれば良いのだ。そう、Magic Trackpadでは既にそうした操作スタイルを導入している。

そしてこうした「ポスト・マウス時代」はOS X Lionのリリースとともに幕開けを迎えることになるのだろう。使ってみればマウスでなくトラックパッドの操作にこそ適合していることがわかるはずだ。新OSのリリースとともにMagic Trackpadの売上も増えるのではないだろうか(ショップのiMacはたいていMagic Trackpadを付けて展示されている)。

そしてこの動きはますます加速していくことになるだろう。OS X Lionは、OS XとiOSの接点となるものだ。両者を繋ぐものこそ「タッチ」だ。これからの世代はこの「タッチ」操作に親しみながらコンピュータを使っていくことになるのだろう。個人的にもiPadを使って1年で感覚が全く変わってしまった。いつもMacBookの画面をスクロールするのに画面を触ろうとしてしまう。そこでふと気づいてがっかりしてしまうのだ。OS X Lionになれば、いよいよ「タッチ」でマシンが操作できるようになる。

もちろんマウスが全くなくなってしまうというわけではないだろう。細かな操作をする場合にはマウスが適していることもある。グラフィックデザイナーや熱心なゲームプレイヤーたちは、トラックボールなどでなくマウスを利用することがありそうだ。しかし一般的な利用者はデータ処理、アプリケーション操作、ウェブブラウジングなどに「タッチ」を使うようになる。Windows 8の紹介ビデオを見ても、ますます「タッチ」時代の到来を予測させる。

マウスは確かに便利なツールだった。しかしその時代はいよいよ終わろうとしている。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)